音色が変化していくPAD

Author: sleepfreaks

楽器の隙間を埋めるPAD

今回は楽曲に厚みと世界観を与えるPADについて解説を行っていきます。

サビが薄い。。と思った際にも大活躍するPADですが、
ただ伸ばしているだけでは、面白みがない。

そのような時は徐々に音色を変化させ、動きを与えてみましょう。
「フィルター」を使用することで音色を変化させることができます。


サウンド作成方法




製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。

波形の選択

波形選択

OSCによる波形は好みで決定してしまってOKです。
ただ「サイン波」は倍音が無いため、音色が変化しません。

フィルターの設定

フィルターの選択

OSCを「Filter」へ送ります。
この際は、使用する方へ振り切ります。

その後、「Filterタイプ」を選択します。
「LP」「HP」「BP」など好みに合わせて選択します。





フィルターへエンベロープを適用する

エンベロープ適用

定番の「ENV」をフィルターの「Cutoff」へ適用します。
ブルーの範囲で変化する範囲を指定します。

エンベロープのコントロール

ENVアタック

「Attack」により「Cutoff」の変化スピードを決定します。

これでサウンドの出来上がりです。

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。