オシレーターシンクを使用したリード

Author: sleepfreaks

ウネウネとしたリードサウンド

今回はEDMでもよく耳にする、リードサウンドを解説していきます。

フランジャーにも似たこのサウンドは「オシレーターシンク」と呼ばれ、
印象的なリードサウンドで用いられます。

2つのオシレーター周波数を強制的に一方に従わせることにより、
過激な音色変化を得るテクニックです。


サウンド作成方法




製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。

OSCの設定

Sync

OSCの波形選択から「Pulse-Saw Sync」を選択します。

Syncの設定

Sync設定

「Sync」よりどの位、周波数(音色)を変更するかを設定することができます。





モジュレーションの設定

モジュレーション

リードに合わせて「Env」「LFO」「MacroControl」を使用し、
その値を変化させることで、サウンドを変化させます。

これでサウンドの完成です!!

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。