EDMの作り方 盛り上がりのADSRコントロール

Author: sleepfreaks

展開に合わせて盛り上がりを演出

EDMでかなり頻繁に使用される定番テクニックです。
いつ聴いてもカッコいい(笑)そんなお得なテクニックです。

楽曲に合わせて音量も上げていく、リバーブも深くしていく。
など多くのバリエーションを楽しむことができます。

サウンド作成方法

OSCの設定

OSC

OSCは効果が分かりやすいように、派手なSAWがお勧めです。
もちろん、様々な波形を試してみる価値はあります。

ADSRの設定

ADSR

徐々に長くなっていく。とうことは。
最初は短いサウンドになるように設定しておきます。

  • Attack : すぐに発音されるように早め
  • Decay : すぐに切れるように早め
  • Sustain(Level) : Decayに変化が付きやすくするため、少なめ
  • Release : 音が残らないように早め

オートメーション

オートメーション

後はDAW側に「Decay」「Release」のオートメーションを記録します。
徐々に値が大きくなっていくように設定します。

バリエーション

その他の設定

上記と同様に、「リバーブ」「フィルター」など様々なパラメーターを組み合わせる事で、
更に個性的なサウンドを作り出す事が可能です。