定番のブラスビブラート

Author: sleepfreaks

様々なジャンルで活躍するSawブラス

今回は様々なジャンルで活躍する、
「定番のブラスビブラート」を解説していきます。





楽曲のリフやフレーズ、バッキング、白玉の伸ばしなど、
多くの場面で使用することが可能です。

生ブラスを適度に混ぜることで、音色バリエーションを作ることも可能です。
それでは解説に入っていきます。

サウンド作成方法




製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。

オシレーター設定

OSC

オシレーターは、倍音が豊かな「Saw」を使用します。
サウンドに厚みを加えたい場合、画像のようにオクターブで重ねる手法も有効です。

そして、「VOICING」からユニゾンを加え、音程をズラすディチューン効果を与えます。





ビブラートの設定

Vibrato-1

最大のポイントはこのビブラート部分です。

  • Rate : 音程が揺れる速度を設定します
  • Depth : 揺れる音程幅を設定します

この2つのツマミで、ビブラートのニュアンスをコントロールしていきます。

今回は「MACRO CONTROL」を「Depth」へ割り当てることで、
曲中でビブラートニュアンスを変化させるように設定しています。

オートメーション

伸ばす部分でビブラートが深くなる形です。

Filter

ビブラートと共に、フィルターに変化をつけるというのも有効です。
この辺りは好みに設定してみてください。

空間エフェクト

Reverb

最後にリバーブで少し奥行きをつけて完成です。

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。