DTM初心者のための音楽制作機材 MIDIキーボード選び

Author: sleepfreaks

持っていると便利なMIDIキーボード

MIDIキーボードが無くても打ち込みは可能です。

しかし、実際にプレイした演奏を記憶したり、
音程、音色を確認することができるため、一台持っていると非常に便利です。

USB接続

また最近のモデルは「USBケーブル」でパソコンと接続し、簡単に使用することができます。

様々な商品がリリースされていますが、ポイントは「鍵盤数」です。

鍵盤を実際に弾いて録音したい方は、
それなりの鍵盤数があるモデルを選択する必要があります。

コードや音色確認をする程度で考えている方は、
鍵盤数が少ないモデルを選択した方が、作業スペースも節約することができます。

お勧めのMIDIキーボード

「Keystation mini 32」
鍵盤数が少なく、音色、コード確認に向いています。
小型のため場所をとらないのも嬉しいです。

「Keystation 88es」
本格的に鍵盤を弾いて録音したい方へ向いています。
88鍵タイプの中では安価で購入する事ができます。

マンツーマンでの機材アドバイス

「インターネットレッスン」では、
Sleepfreaks講師が「完全マンツーマンの機材アドバイス」を行なわせていただきます。

ヒアリングを通し、
生徒様のジャンル/スタイルに合わせた最適機材をアドバイスさせていただきます。

まだDTM機材をお持ちでない方も安心して受講していただけます。