Xfer Records SERUM の使い方 モジュレーションのコントロール

Author: sleepfreaks

サウンドに動きを与える各セクションを把握する

serum

今回はLFOを中心としたモジュレーション部分を解説していきます。
シンセサイザーはこれらモジュレーションを使用して、サウンドにどのような動きをつけていくのか?という点が非常に重要となってきます。
このセクションを把握して、様々なサウンドを生み出してください。

それでは解説へ進んでいきます。

製品サイト : http://sonicwire.com/product/99927

SERUM 解説動画


LFOセクション

serum_lfo-1

Serumには4つのLFOが用意されています。
各LFOを目的のパラメーターへドラッグするだけで、簡単に適用することができます。

serum_lfo-2

LFOはこの部分を上下ドラッグすることで適用範囲を調整することができます。
設定したブルーラインがLFOの適用範囲ということになります。

serum_lfo-3

LFOの種類も様々なプリセットが用意されています。
フォルダアイコンから好みのプリセットを探してみてください。

rate

「RATE」からLFOの繰り返し周期のスピードを変化させることができます。

bar

この際、「BPM」を点灯させることで、LFO周期が楽曲のテンポに同期します。
「bar」というのは小節を表しており、1小節にLFOの周期が一周するということになります。

type

Rateの他にもLFOの動きを各パラメーターで細かく指定することができます。

  • RISE : 時間の経過とともにLFOの効果をフェードインさせることができます。
  • DELAY : LFOが動き出すまでの時間を遅らせることができます。
  • SMOOTH : LFOの動きを滑らかにすることができます。

このように徐々にサウンドが変化していく効果を与えることができます。

lfo-point

また、LFOの動きをご自身で作成することも可能です。
「SHIFTキー + クリック」でポイントを追加することができ、作成したポイントを「上下ドラッグ」でカーブを調整します。

remove

ポイントを削除する場合は、対象のポイントを選択して右クリックし、「Remove selected points」を選びます。

grid

「GRID」からは、4分、8分、16分などの音符単位でポイントを作成、編集することができます。

  • Mac : Option
  • Windows : Alt

を押しながら編集を行うことで、指定したグリッド単位で操作が可能です。

trig

この部分からは、LFOのトリガーの「MODE」を指定することができます。

  • TRIG : MIDIノートが発音される度にLFOの周期が頭に戻ります。
  • ENV : LFO周期が1度だけ演奏されます。
  • OFF : MIDIノートの発音に関わらずLFO周期が繰り返されます。

serum_lfo-3

作成したLFOを保存しておくことができます。
フォルダアイコンをクリックします。

save

「Save Shape」を選択して名前と保存場所を指定します。

load-preset

保存したLFOは「User」から呼び出すことができます。





マトリクスセクションの設定

マトリクスセクションからは、LFOやエンベロープの可変範囲を細かく設定することができます。

matrix

  • SOURCE : LFOやエンベロープ番号を指定します。
  • DESTINATION : SOURCEが適用されるパラメーターを確認、指定します。
  • AMOUNT : SOURCEによるパラメーター変化量を指定します。
  • TYPE : SOURCEの動きを両方向へ変更することができます。

serum_lfo-4

これら複数のモジュレーションを「MACRO」へ割り当て、一斉にコントロールすることができます。
「AUX SOURCE」から割り当てる「MACRO」を選択するだけです。

serum_lfo-6

また、MACROを直接パラメーターへドラッグすることでも、登録が可能です。