Session Strings Pro 2 実践的な打ち込みテクニック

Author: sleepfreaks

フレーズに対しての奏法を指定しクオリティを高める

Sesstion Strings

前項で基本を把握した後は、実践的な打ち込みに入っていきます。

「Session Strings Pro」には様々な演奏方法が収録されており、
楽曲中でこれらを自由に切り替えることができます。

Session Strings解説動画へアクセス


  1. 1基本機能
  2. 2実践的な打ち込みテクニック *当記事となります
製品のご購入

通常版のKompleteへ更に音源を追加した完全版です。
よりリアルで豊富な生楽器音源、シンセ、エフェクトなど。
最初から完全な状態で制作を始めたいという方へオススメいたします。

 

奏法を切り替えるキースイッチ

キースイッチ

「Keyswitch」を使用することで奏法を切り替えることができます。
またこれらは鍵盤の赤部分に対応しています。

アーティキュレーション

この部分にMIDIノートを打ち込むことで、
瞬時に希望の奏法を呼び出すという仕組みです。

レガート奏法の注意点

レガート

通常の演奏は「レガート奏法」を使用していきます。
サウンドを滑らかに繋げるために、MIDIノートを重ねて入力します。

また発音が少し遅いため、
正確な位置よりも少し前に配置する。そのようなテクニックも有効です。

ポルタメントのテクニック

ポルタメント

音程を滑らかに繋げる「ポルタメント奏法」

「1st/2nd」を共に「ポルタメント」に設定した場合、
音程が不安定に聴こえてしまう場合があります。

片側のみに「ポルタメント」を適用することで、
よりナチュラルな演奏を再現できます。

アクセントのテクニック

アクセント

アクセントを使用することで、演奏のアタック感を強調できます。

駆け上がりの、初回ノートのみに適用することで、
更に躍動感のある演奏を再現することができます。

製品のご購入

通常版のKompleteへ更に音源を追加した完全版です。
よりリアルで豊富な生楽器音源、シンセ、エフェクトなど。
最初から完全な状態で制作を始めたいという方へオススメいたします。