Session Horns 2 打ち込みテクニック

Author: sleepfreaks

Session Hornsを楽曲に使用する

Session Horns_2_1

前回、Session Hornsの基本機能と音作りについてご紹介致しました。
今回は、実際に楽曲を使用し、様々な打ち込みテクニックを解説して参ります。
第1回目の動画を復習すると、より理解が深まります。

Session Horns解説動画へアクセス


  1. 1基本機能と音作り
  2. 2打ち込みテクニック *当記事となります
  3. 3Session Horns Pro 追加機能と概念
  4. 4Session Horns Pro 2 奏法の打ち込み
製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。

Velocity Switchでスタッカートを表現する

Session Horns_2_2

複数のSession Hornsを立ち上げて、「Single Articulation」を使い奏法を切り替える方法もありますが、
ノートを短く打ち込み、「Velocity Switch」の「FoPiCre」を使用することで、
スタッカートを表現する事も可能です。

Expression CC♯11を使い、音の強弱を表現する

Session Horns 2_4

「Control」タブから【DYNAMIC CONTROL】→【Expression CC♯11】を選択します。

Session Horns 2_6

「Cubase」の場合、【コントローラーレーン】→【CC 11 (Expression)】を選択します。

Session Horns 2_5

  • 「Velocity Switch」奏法を切り替える為に使用する。
  • 「Expression CC♯11」音の強弱をコントロールする為に使用する。

Doits / Fallsを使用する

Session Horns 2_7

Doits(ドイト)/ Falls(フォール)を使用するには、
【コントローラーレーン】→【ピッチベンド】を選択します。

Session Horns 2_8

Fallsの場合、スピードが2種類選べます。

  • 「Slow Falls(遅いフォール)」ピッチベンドを少し下げる。
  • 「Fast Falls(速いフォール)」ピッチベンドを一番下まで下げる。

※ Doits(ドイト)のスピードは一種類のみで、上記機能はございません。

是非、ご自身の楽曲にもSession Hornsを取り入れてみてください。

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。