Scarbee Funk Guitarist 1_基本概要とコード管理

Author: sleepfreaks

ダンス/EDM系で主流のギターカッティングを再現

FunkGuitar

「Scarbee Funk Guitarist」はギターのカッティングに特化した製品です。
あらかじめ収録されているコードやバッキングパターンを自在にコントロールすることができ、
打ち込みでは難しい、リアルなギターサウンドを実現しています。

ダフトパンクの「Get Lucky」や、マーク・ロンソン「Uptown Funk」のような
ファンキーなカッティングを再現できます。もちろん、軽快なPOPSとも相性抜群です。

第一回目の解説は、「基本概要とコード/音程コントロール」を中心に進めていきます。

Scarbee Funk Guitarist 解説動画


  1. 1基本概要とコード管理 *当記事となります
  2. 2バッキングパターンの選択と作成
製品のご購入

通常版のKompleteへ更に音源を追加した完全版です。
よりリアルで豊富な生楽器音源、シンセ、エフェクトなど。
最初から完全な状態で制作を始めたいという方へオススメいたします。

動画ポイント キーの把握

製品を使いこなすためには、
キーボード(各ノート)に配置された役割を把握する必要があります。

Key-1

  • 黄 : 登録したコードを演奏します。
  • 赤 : 演奏が停止されます。
  • 緑 : コードが演奏される際の、基本パターンです。
    画像では3パターン用意されていることになります。
  • 青 : 基本パターンにスライドなど特殊奏法による変化を加えます。
    キーを押している間のみ発動します。

動画ポイント トランスポーズ

FunkGuitar Key

楽曲に合わせてキーを変更したい場合に、この部分から調整を行います。
DAW上のMIDIから変更を行うと、割り当てられているコード自体が変化してしまいます。





動画ポイント コードのプリセットと配置

CHORD

製品には様々なコードパターンがプリセットとして収録されています。
下に配置されている「Chords」タブを選択し、アクセスを行います。

中央のリストに並んでいるのがプリセットです。
プリセット名をダブルクリックで呼び出すことができ、結果が左の鍵盤へ配置されます。

Chordの指定

楽曲や好みに合わせ、使用するコードを個別に指定することも可能です。
「MAP」タブを選択し、右のコードフィルターを表示させます。

欲しいコードネームへチェックを入れることで、
中央のリストに検索結果が表示されます。

コード名をダブルクリックで視聴することができます。

検索結果

  • CHORD : コード名が表示されます。
  • TOP : ボイシングのトップノートが表示されます。
    トップノートの音程により、コードの響きが大きく変わってきます。
  • FRET : 演奏されているコードのフレット。
  • STRINGS : 演奏されている弦の数が表示されます。
    数が多いほど、厚みのあるサウンドとなります。

コードの割り当て

気に入ったコードが見つかった後は、
キーボードへコードを登録します。

中央のリストからコードを選択した後、
割り当てたい鍵盤上で鉛筆アイコンをクリックします。

Rec-1

コードはMIDIキーボードから探すことも可能です。
コード名がわからなくても、響きから最適なコードを見つけることができます。

「MIDI」タブを選択し、「REC.」を点灯させます。
その後MIDIキーボードを押さえることで、その構成音のコード候補がリストに表示されます。

「AUTOMAP」により、リストのコードを一括で、キーボードへ割り当てることも可能です。
※現在までのコードが置き換わってしまうことにご注意ください。

製品のご購入

通常版のKompleteへ更に音源を追加した完全版です。
よりリアルで豊富な生楽器音源、シンセ、エフェクトなど。
最初から完全な状態で制作を始めたいという方へオススメいたします。