Reaktor MONARK 1 オシレーター & ミキサー

Author: sleepfreaks

Minimoogのサウンドをモデリング!

Monark_オシレーター&ミキサー_1

Native Instruments社はMONARKについて、
「誰もが認める伝説的モノフォニック・アナログ・シンセサイザーを再現した」
と記載しています。

この表現からすると、Minimoogをモデリングしたシンセかと思います。

Minimoog

「Minimoog」は太く伸びのある出音。優れたフィルター。が特徴のシンセサイザーで、
この「MONARK」にもそのサウンド傾向が引き継がれています。

過激なベースサウンドやリード音も簡単に作成することができるため、
EDMを行いたい方は是非、使用していただきたい製品です。

MONARK解説動画


  1. 1オシレーター & ミキサー *当記事となります
  2. 2フィルター/アンプ/グライド

オシレーター

Monark_オシレーター&ミキサー_2

MONARKのオシレーターは3つあり、オクターブや波形をそれぞれ切り替える事が出来ます。

RANGE

Monark_オシレーター&ミキサー_4

「RANGE」から「オクターブ」の変更が可能です。
ツマミを左に回すほど音が低くなり、右に回すと高くなります。

WAVEFORM

Monark_オシレーター&ミキサー_3

MONARKの波形は、オシレーターごとに6つ切り替えが行えます。
ただし、OSC3だけ左から2番目の波形が違います。

  1. Triangle(三角波)
  2. Triangle/Sawtooth(ランプ波)→(Reverse Sawtooth_逆ノコギリ波 on OSC3)
  3. Sawtooth(ノコギリ波)
  4. Square(矩形波)
  5. Narrow pulse(パルス波_1)
  6. Very narrow pulse(パルス波_2)

ON/OFF、Volume

Monark_オシレーター&ミキサー_6

オシレーターの「ON/OFF」の切り替えや、Volumeのツマミは、
隣のミキサーセクションにあります。





ミキサー

Monark_オシレーター&ミキサー_5

ミキサーセクションには、オシレーターのON/OFF、Volumeのツマミ以外にも、
「LOAD」、「FEEDBACK」、「NOISE」などのパラメーターがあります。

LOAD

Monark_オシレーター&ミキサー_7

「LOAD」は、「Overdrive」のような効果を与え、音を太くします。
その効果は、隣にあるランプが点灯して知らせてくれます。

FEEDBACK

Monark_オシレーター&ミキサー_8

「FEEDBACK」はアンプで出力される音をもう一度の回路に戻して、
再度変調してしまう、それを何度も循環させるので、より複雑な効果となります。

「FEEDBACK」には、「A」、「B」の切り替えボタンがあり、
「B」の方がより効果が強く、「Distortion」をかけたかのような太いサウンドが得られます。

NOISE

Monark_オシレーター&ミキサー_9

「NOISE」では「PINK NOISE」と「WHITE NOISE」を切り替える事が出来ます。
上の画像のように「WHITE NOISE」の方が高音が強い事が特徴です。

音作りの際、隠し味程度に混ぜてみると良いと思います。

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。