「Reaktor 6」1_ BLOCKSを使用したパッチ操作

Author: sleepfreaks

「Blocks」を組み合わせてMyシンセを作る

Reaktor6_Blocks_使い方_1

社のReaktor6の新機能「BLOCKS」
この新しいフレームワークにより、
アナログモジュラーシンセで行うようなパッチングが簡単に行えます。
まずは、基本概要と音の出し方をご紹介いたします。

Reaktor6 解説動画


  1. 1「Reaktor 6」新機能「BLOCKS」レビュー
  2. 2「Reaktor 6」BLOCKSを使用したパッチ操作 *当記事となります
  3. 3「Reaktor 6」オシレーターの追加
製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。

「Blocks」の呼び出し

Reaktor6_Blocks_使い方_2

Reaktorを立ち上げ、「EDIT」→「Library」→「Reaktor Blocks」の順にクリックします。

「BLOCKS」は、様々な種類にカテゴリー分けされております。
「Bento Box」「Boutique」「Digilog」「Driver」「Modern」「Monark」「Rounds」「UTIL」

詳しくは下記リンクよりご確認ください。
「REAKTOR 6 BLOCKS」

Reaktor6_Blocks_使い方_3

今回は、Monarkのオシレーターを使用したいと思います。
「Reaktor Blocks」→「Monark」→「OSC-Monark OSC.ism」をドラッグ&ドロップします。

Reaktor6_Blocks_使い方_4

Monarkのオシレーターが表示されました。
あとは、このオシレーターに対して、
様々な「BLOCKS」を組み合わせていきたいと思います。





「Blocks」同士を繋げる

Reaktor6_Blocks_使い方_5

パッチ作業の基本的な考え方

  • Blocksの「右側」→「OUT」
  • Blocksの「左側」→「IN」

左側にある「Util Note In」は、
「Reaktor Blocks」→「Util」→「INT-Note In.ism」
こちらからドラッグ&ドロップしております。

「Util Note In」のPitchのOutと「Monark Oscillator」PitchのInを繋げます。

Reaktor6_Blocks_使い方_6

このまま、オシレーターから「Out」に繋げると、
音が鳴り続けてしまいます。

「エンベロープ」を繋げる

エンベロープ_ADSR

シンセサイザーのボリュームをコントロールするエンベロープ
いまいち良くわからないという方は下記リンクをご参照ください。
シンセサイザー講座 6_AMP/エンベロープ

Reaktor6_Blocks_使い方_7

「BLOCKS」からエンベロープを選択します。
「Reaktor Blocks」→「Bento Box」→「MOD-ADSR Envelope.ism」をドラック&ドロップします。

Reaktor6_Blocks_使い方_8

また、オシレーターの信号とエンベロープの信号をまとめる
「Multiply」を表示させます。

右クリックから「Searchbox」
「Multiply」と検索します。

「オシレーター」と「エンベロープ」を「Multiply」へ、
「Multiply」から「Out」へ繋げます。

表示の切り替え

Reaktor6_Blocks_使い方_11

Reaktorの表示を変更したい場合は、
左上にある「Panel」ボタンや、右側のアイコンをクリックすることで、
表示の切り替えが可能です。

Reaktor6_Blocks_使い方_12

「Blocks」の配置を変更したい場合は、直接「Blocks」をドラッグすることで、
順序を入れ替えることも出来ます。

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。