Polyplex 3 キットのレイヤー

Author: sleepfreaks

Polyplex 音色を重ねキットを構築する

レイヤー設定-1

Polyplexは各キットに対し最大4つのサウンドを重ね音色を構築できます。
この組み合わせにより、アコースティック、エレクトロ、FXなど様々な可能性が広がります。

ここでは、このレイヤー概念を中心に解説を行っていきます。

Polyplex 解説動画


  1. 1基本概念とグローバルエディット
  2. 2各キットのコントロール
  3. 3キットのレイヤー *当記事となります
製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。

レイヤーの選択

4つのレイヤー

エディットを行うキットを選択することで、下ウィンドウにその詳細が表示されます。
最大で4つのサウンドを組み合わせることができ、そのタイプを赤囲み部分より選択します。

サブタイプ

「SUBTYPE」からは上記で選択したキット詳細を選択します。
「アコースティック」「デジタル」など求めているタイプを選択できます。

サンプルズ

「SAMPLES」で好みの音色を決定します。
数字を1変えるごとに全く異なる音色が呼び出されます。

レイヤーのバランス

音量バランス

右の「VOLUME」で各レイヤーの音量バランスをとっていきます。
この微調整でも音色がかなり変化します。

また左の「スピーカー」を消灯させることで、
その横列のレイヤーが完全にオフになります。

レイヤーのセッティング

セッティング

この部分も重要です。
左からいきます。

  • 上記でも記載したようにレイヤーのオン/オフを決定します
  • リバースの処理を行えます
  • モノラル/ステレオを切り替えます
  • 位相を反転させ音色調整が可能です
  • ランダムでの変化が行われないようにロックを設定できます

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。