「Omnisphere 2」1_ Patch Browserの使用

Author: sleepfreaks

12,000以上のプリセットを備えた超高音質シンセサイザー

Omnisphere 2

Spectrasonics社より待望の「Omnisphere 2」が発売されました。

この製品はサンプルベースのシンセサイザーとなっており、
予めサウンドが出来上がっています。

プリセット数は12,000以上。
これらを選択していくだけで、超高音質なサウンド構築を楽しむことができます。

今回、様々な機能が追加されていますが、
まずはこの膨大なプリセットから効率良く、サウンドを探す操作をお届けしていきます。

Omnisphere 2 解説動画

  1. 1Browserの使用 *当記事となります
  2. 2シンセサイザーセクション
  3. 3グラニュラーセクション



Patch Browserの概要

Patch Browser

左に備わっている「Patch Browser」よりプリセットを探すことができます。
各検索項目は複合させることが可能となっています。

  • 1_ Spectrasonics製品より絞り込みを行うことができます
  • 2_キーワードを打ち込むことで検索を行います
  • 3_楽器タイプ、ジャンルなどから検索を行います
    4つのタブを右クリックすることで、その項目を変更することも可能です
  • 4_上記の検索結果が表示され、クリックで音色が読み込まれます

ロック

この「鍵アイコン」をクリックすることで、

ロック機能

音色を読み込む際に、変更されるパラメーターを制限することができます。
アルペジエーターなどの設定を残し、他プリセットで試す等に便利です。

拡張Patch Browserの概要

拡張ブラウザ

この「虫眼鏡アイコン」をクリックすることで、
拡張ブラウザへアクセスすることができます。

レーティング

検索概要は上記とほぼ同様になりますが、
お気に入りの音色に対し「星」をつけることができます。

Sort

ブラウザ下部分の「Sort」から「Rating」を選択することで、
並び替えを行うことが可能です。

Sound Matchの概要

「Sound Match」を使用することで、
現在読み込んでいる音色に似た傾向のプリセットを探すことができます。

Sound Match

「Sound Match」をクリックするだけで、その候補が右に表示されます。

プリセット名の下に配置されている「Match Current Selection」を押すことで、
そのプリセット候補を再選出することができます。

音色の読み込み

最大で8つまでの音色を読み込むことができ、DAW上ではMIDIチャンネルで管理を行います。