4_ MASCHINE DAWへのエクスポート

Author: sleepfreaks

DAWとMASCHINEを連携させて
クオリティアップ「エクスポート機能」

今まではMASCHINEの中だけで完結させていましたが、
これをDAW側にエクスポートすることで更に使い勝手が向上します。

MASCHINE動画アクセス


  1. 1主要ウィンドウ
  2. 2ドラムパターンの打ち込み
  3. 3エフェクトの概念
  4. 4DAWとのMIDI連携(当記事となります)
  5. 5MIDIコントローラーとして使用

動画ポイント_Recボタン点灯

audio_midi切り替え

↑ 「Audio」と「MIDI」どちらでエクスポートするのか?を決めることができます。

動画ポイント_DAWへドラッグする

ドラッグ

↑ 赤囲みの「十字キー」をDAWヘドラッグしてエクスポートを行います。

動画ポイント_MIDI 2つの書き出しモード

2つの書き出しモード

MIDIには2つの書き出しモードがあります。

  • 上の「Sound to MIDI Channel」は1つのキットを異なるMIDIチャンネル(パラ)で書き出します
  • 下の「Sound to MIDI Note」全てのキットを同じMIDIチャンネルで書き出します

動画ポイント_音程楽器は「Sound to MIDI Channel」で書き出す

これにより、MIDIキーボードで音階を演奏することができます。