「KOMPLETE KONTROL」4_ スケール機能

Author: sleepfreaks

鍵盤がプレイできない方でも最適フレーズを作成

Komplete_Kontrol_S_Series

前回解説を行った「ライトガイド」
この機能を最大限に利用したのが「スケール機能」です。

楽曲の「キー」そして「メジャー/マイナー/その他スケール」を指定することで、
その構成音のみを鍵盤上に並べることができ、これらを全て白鍵で演奏することも可能です。

今回はこの機能について詳しく解説を進めていきます。

Komplete Kontrol_動画アクセス


  1. 1製品概要
  2. 2ブラウズ機能
  3. 3ライトガイドとクリアビューディスプレイ
  4. 4スケール機能 *当記事となります
  5. 5コード機能
  6. 6アルペジオ機能
  7. 7オートメーションとMIDIモード
  8. 8KompleteKontrol 1.1 新機能
  9. 9KOMPLETE KONTROL Ver1.5 新機能の解説
  10. 10KOMPLETE KONTROL Ver1.6.2 新機能の解説
  11. 11Maschine / KompleteKontrol お気に入り機能
製品のご購入

「KOMPLETE KONTROL」をご購入すると、
10製品が無料でバンドルされる「KOMPLETE SELECT」が追加されます。

スケール機能を有効にする

同時に押す

「SHIFT」+「SCALE」を押します。
これでスケール機能へアクセスできます。

上記操作を再度行うことで「スケール機能」から抜けることができます。

スケール機能

「SCALE」点灯させることで、効果が有効になります。
右のツマミより「キー」「スケール」の指定を行います。

スケール機能を有効にする

DAWの場合「音符マーク」をクリックし点灯させ、
「SCALE」へチェックを入れます。

キーとスケールを指定する

キー

楽曲に合わせて「キー」を変更することができます。

スケール

この部分からは「スケール」を指定することができます。

ライトガイド

この組み合わせに対応する音程が「ライトガイド」で示唆されます。





スケールの種類

上記スケールモードの音程が以下となります。

スケール1スケール2スケール3

クロマティック

スケールを「Chromatic」へ変更することで、
全キーを一斉にトランスポーズすることができます。

例えば「キーをG」「スケールを_Chromatic」にした場合、
「鍵盤上でド」の位置が「G」からスタートします。

EASYキーモード

01_-_Komplete_Kontrol

「EASY KEY MODE」を使用することで、
上記「キー/スケール」構成音が全て白鍵に並べられます。

これにより演奏が圧倒的に行いやすくなります。

製品のご購入