「KOMPLETE KONTROL」3_ ライトガイドとクリアビューディスプレイ

Author: sleepfreaks

より快適な作業環境を実現する重要機能

Komplete_Kontrol_S_Series

Native Instruments社の「KOMPLETE KONTROL S-SERIES」
前回はプリセットを効率良く呼び出す「ブラウズ機能」を解説いたしました。

今回は呼び出したプリセットを編集、プレイする際に役立つ、
「ライトガイド」「クリアビューディスプレイ」を解説していきます。

視覚的に洗練された2つの機能で、より快適な操作が実現します。

Komplete Kontrol_動画アクセス


  1. 1製品概要
  2. 2ブラウズ機能
  3. 3ライトガイドとクリアビューディスプレイ *当記事となります
  4. 4スケール機能
  5. 5コード機能
  6. 6アルペジオ機能
  7. 7オートメーションとMIDIモード
  8. 8KompleteKontrol 1.1 新機能
  9. 9KOMPLETE KONTROL Ver1.5 新機能の解説
  10. 10KOMPLETE KONTROL Ver1.6.2 新機能の解説
  11. 11Maschine / KompleteKontrol お気に入り機能
製品のご購入

「KOMPLETE KONTROL」をご購入すると、
10製品が無料でバンドルされる「KOMPLETE SELECT」が追加されます。

ライトガイド

ライトガイド

鍵盤の上部に設置されているものが「ライトガイド」です。
音源上の「音色配列」や「キースイッチ」などが色分けされ表示されます。

また今後紹介する「スケール機能」「アルペジオ機能」でも活躍します。

もし、この「ライトガイド」が機能しない場合

プリファレンス

赤囲み部分の「Edit」→「Preference」を選択します。

ライトガイド

「Hardware」を選択し、「Light Guide」のチェックを点灯させます。

オクターブの切り替え

オクターブ

この部分は通常のMIDIキーボードと同様です。
「OCT-」で1オクターブ鍵盤が下がり、「OCT+」で1オクターブ鍵盤が上がります。

クリアビューディスプレイ

ノブ

プリセットを呼び出すと、
このクリアビューディスプレイ部分に主要なパラメーターが自動でアサインされています。

わざわざ手動でアサインする必要はなく、作業効率が圧倒的に上がります。

ページ切り替え

デフォルトでは主要の項目8つが優先して呼び出されますが、これらを切り替えることも可能です。
下部分に全体のページ数、そして現在の滞在ページが表示されます。

タッチセンシティビティ

各ツマミは「タッチセンシティビティ」に対応しており、
触る前までは項目を表示、触れた後は現状の値を示唆します。

これにより、より直感的、的確なオペレートが可能となります。

製品のご購入