「Guitar Rig 5」2_ エフェクトの適用 / プリセットの保存

Author: sleepfreaks

豊富なエフェクトを使用しサウンドを構築

ギターと言えばやはり「エフェクト」です。
GuitarRigには様々なエフェクトが搭載されています。

これらを自由に組み合わせて高音質なオリジナルサウンドを作成することができます。

今回は「エフェクトの適用」「サウンドの保存」についてを解説行なっていきます。

Guitar Rig への動画アクセス


  1. 1プリアンプ & キャビネット
  2. 2エフェクトの適用 / プリセットの保存 *当記事となります
  3. 3ピッチとスペシャル エフェクト
  4. 4オートメーションコントロール
  5. 5モノラル/ステレオの注意点
製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。

動画ポイント_エフェクトの選択/適用

エフェクトの適用

「Components」より「Categories」を選択します。

エフェクトが種類に分かれ配置されています。
希望のエフェクトを選択し、右部分へ「ドラッグ&ドロップ」を行ないます。

動画ポイント_エフェクト順序の変更

GuitarRigは上から下へ音が流れます。

音の流れ

そのためエフェクトの順序によりサウンドが変わります。

順序の変更

順序を変更したいエフェクトを選択し「ドラッグ」を行なうことで
並びを変更することが可能です。

動画ポイント_エフェクトのバイパス/削除

エフェクト設定を残したまま
その効果を一時的に無効する「バイパス」

エフェクトバイパス

エフェクトの電源ボタンをクリックし「消灯」させます。

エフェクトを完全に削除する場合は

エフェクト削除

エフェクトを選択し、「Deleteキー」を押します。





動画ポイント_プリセットの保存

作成した音色を保存しておくことで、
他のトラック/楽曲でも簡単にその設定を呼び出すことが可能です。

設定の保存

GuitarRig 右下のプリセット部分より「Save as」を選択します。

名前と保存

表示されるウィンドウから「名前」を決定し「Save」を選択します。

保存後

このようにプリセットが保存されました。

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。