「GrooveAgentONE」3_ パターンの使用

Author: sleepfreaks

GrooveAgentONEを使えば、
初心者でも簡単にドラム製作が可能

Cubase付属の「GrooveAgentONE」
内蔵されている様々なパターンから好きなものを選ぶだけで
簡単にドラム制作がスタートできます。

GrooveAgentONE動画アクセス


  1. 1キットの読み込み
  2. 2音作り、調整
  3. 3パターンの使用(当記事となります)
  4. 4パラアウト

動画ポイント_BeatDesignerを立ち上げる

BeatDisigner

GrooveAgentを立ち上げているトラックへ
「MIDIインサート」→「BeatDesigner」を立ち上げます。

プリセットの読み込み

プリセットの読み込みから希望のプリセットを読み込みます。

GrroveAgentONE3パターンドラッグ&ドロップ

選択したパターンをトラックへドラッグ&ドロップすると
MIDIファイルとして扱うことができます。

BeatDesignerオフ

トラック部分へドラッグ&ドロップ後は、BeatDesignerをオフにしてください。
ダブルで音が鳴ってしまいます。