「Electri6ity」4_ ギターソロの打ち込み 〜後編〜

Author: sleepfreaks

頻繁に使用するアーティキュレーションについて

前項では、Electri6ityの「プレイモード」を中心に解説いたしました。
今回は、頻繁に使用する「アーティキュレーション」についてご説明いたします。

Electri6ity 動画アクセス


  1. 1トリガーキー&パワーコード
  2. 2音作り&ストラムの打ち込み
  3. 3ギターソロの打込み 〜前編〜
  4. 4ギターソロの打込み 〜後編〜 *当記事となります
製品のご購入

アーティキュレーションとキースイッチ

Electri6ity_4-1

  • サスティン → 「B-1(ベロシティ90以上)」
  • ハーフミュート → 「B-1(ベロシティ90未満)」
  • FX → 「F0(F0を維持している間は持続する)」
  • ゴーストノート → 「G0(Clean:強く演奏/Dirty:弱く演奏)」
  • スライド → 「A0(A0を維持している間持続)」
  • ハーモニクス → 「D#5」

演奏テクニック

Electri6ity_4-2

  • トレモロピッキング → 「A#-1(A#-1を維持したまま演奏すると、発音されます)」
  • スライド1フレットダウン → 「G#6(演奏した状態でG#6を押すたびに1フレット(半音)下がる)」
  • スライド1フレットアップ → 「A#6(演奏した状態でA#6を押すたびに1フレット(半音)上がる)」




リリースノイズ

Electri6ity_4-3

「リリースノイズ」は組み合わせのキースイッチです。「A-1」ともう一つのノートを組み合わせます。
キースイッチを入れたまま、ノートをオフにした瞬間に指定のリリースサンプルが発音されます。

  • フィンガーノイズ → 「A-1」+「A#-1」
  • フィンガーノイズ(ショート) → 「A-1」+「B-1」
  • ミックス Ⅰ → 「A-1」+「C0」
  • ミックス Ⅱ → 「A-1」+「C#0」
  • ハンドミュート → 「A-1」+「D0」
  • パームミュート → 「A-1」+「D#0」
  • ピックノイズ → 「A-1」+「E0」
  • スライドダウン(ショート) → 「A-1」+「F0」
  • スライドダウン(ミディアム) → 「A-1」+「F#0」
  • スライドダウン(ロング) → 「A-1」+「G0」
  • スライドダウン(1フレット) → 「A-1」+「G#0」
  • スライドアップ(1フレット) → 「A-1」+「A0」
  • スライドノイズ(ダウン) → 「A-1」+「A#0」
  • スライドノイズ(アップ) → 「A-1」+「B#0」

DTMでは再現が難しいエレキギターの演奏を、よりリアルに表現できる「Electri6ity」
これをきっかけに使いこなしていただければ幸いです。

製品のご購入