「Electri6ity」3_ ギターソロの打ち込み 〜前編〜

Author: sleepfreaks

ギターソロやリードギターを打ち込む

前項では、「Electri6ity」の音作りについてご紹介しました。
今回から2回に分けて、ギターソロを打ち込むコツを解説いたします。

Electri6ity 動画アクセス


  1. 1トリガーキー&パワーコード
  2. 2音作り&ストラムの打ち込み
  3. 3ギターソロの打込み 〜前編〜 *当記事となります
  4. 4ギターソロの打込み 〜後編〜
製品のご購入

Fretboard | Positionについて

Electri6ity_3-1

「Settings」タブをクリックして「Strings」→「Fretboard」に変更します。

Electri6ity_3-2

「Fretboard | Position」は、どのあたりのフレットを中心に演奏するか?を決めることが出来ます。

バッキングの場合は基本的に「Auto」のままで問題ありません。
ギターソロの場合は、「Position 9〜15」などと変更すると良いでしょう。
(動画では「Position 12」に設定しました)





プレイモードについて

Electri6ity_3-3

Electri6ityには、大きく分けて3つのプレイモードがあります。

  • POLY(ポリ)「キースイッチ : F#」→ 和音で演奏する場合
  • SOLO(ソロ)「キースイッチ : G#」→ 単音で演奏する場合
  • LEGATO(レガート)「キースイッチ : A#」→ 単音で滑らかに演奏する場合

LEGATOモードの注意点

Electri6ity_3-4

プレイモードの「LEGATO」を使用する際、
キースイッチの「A#」のベロシティが「90以下」の場合は、
「LEGATO Mute」になるため注意が必要です。

  • 「A#」のベロシティが「91以上」→ LEGATO
  • 「A#」のベロシティが「90以下」→ LEGATO Mute

この続きは後編に続きます。

製品のご購入