DrumLab 2_各キットの調整

Author: sleepfreaks

各キットごとにサウンド特性をコントロール

Drumlab-1

前項の「プリセット読み込み」に続き、
今回は各キットのサウンドエディットを行っていきましょう。

生/エレクトロのバランスや、エフェクト適用など
多くの項目を非常に簡潔なパラメーターで操ることができます。

楽曲に合わせてカスタマイズしていただきたく思います。

DrumLab バンドル製品

Komplete 10

Komplete 10 / Komplete 11 Ultimate に収録されています。
https://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/bundles/komplete-11-ultimate/

KOMPLETE KONTROLKompleteSelect

Komplete Kontrol製品をご購入した際の無料バンドルに含まれます。

また5月31日までに「Komplete Kontrol」を購入すると、Komplete10アップグレードが無償となります。
http://sleepfreaks-dtm.com/news/komplete-kontro-komplete10/

Drumlab-1

または単体でもご購入が可能です。
http://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/drums/drumlab/

DrumLab 解説動画


  1. 1プリセットパターンを使用する
  2. 2各キットの調整 *当記事となります
製品のご購入

通常版のKompleteへ更に音源を追加した完全版です。
よりリアルで豊富な生楽器音源、シンセ、エフェクトなど。
最初から完全な状態で制作を始めたいという方へオススメいたします。

キットのエディット

Drum

エディットを行うキットを選択します。
選択したキット情報が以下に表示されます。

パラメーター

まずは赤囲み部分からキットを指定します。

上が生キット、下がエレクトロキットとなっており、
左スライダーで双方の音量バランスを調整します。

このバランスだけでも、サウンドが大きく変化します。

青囲み部分は生キットに対するパラメーター、
その下の緑囲みはエレクトロキットに対しての調整となります。

被り

生ドラムパラメーターでは、マイクの被りを再現することができます。
これにより、独特の空気感が加わり、各キットとの馴染みも良くなります。

エフェクトの適用

エフェクト適用-1

「EFFECTS」より各キットへ異なるエフェクトを適用することができます。

「Reverb」に関しては別途パラメーターが用意されており、
音量、空間プリセットを細かく指定することができます。

音量調整とパラアウト

パラアウト

各キットは個別にPAN、音量調整を行うことができるだけではなく、
赤囲み部分よりパラアウトの設定が可能となっています。

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。