DAMAGE 4_STAGE(Drum Position)

Author: sleepfreaks

Stageでドラムの定位をコントロールする

Damage_Stage_1

DAMAGE解説第4弾はPercussive Kitsの「Stage」ページについて解説を進めてまいります。

DAMAGE 解説動画


  1. 1基本操作について
  2. 2エフェクトによる加工
  3. 3オートメーションと特殊効果
  4. 4STAGE(Drum Position) *当記事となります
製品のご購入

通常版のKompleteへ更に音源を追加した完全版です。
よりリアルで豊富な生楽器音源、シンセ、エフェクトなど。
最初から完全な状態で制作を始めたいという方へオススメいたします。

Stageの使用

Damage_Stage_2

Stageページは「Percussive Kits」の音源に搭載されています。

Damage_Stage_3

インターフェイス左下の「On」が点灯しているか確認します。

ドラムの配置を変更する

Damage_Stage_4

配置したいものを選択し、(MIDIキーボードからも選択可能です)
7×5で構成されている「LEDボタン」をクリックして配置変更します。
(ここではSnareを左側に変更しました)

Damage_Stage_5

「LEDボタン」をクリックする際、

  • Mac : Option
  • Windows : Alt

を押したまま選択すると、全てのドラムをその位置に配置することも可能です。

Damage_Stage_7

配置をデフォルト設定に戻す「RESET」

Damage_Stage_6

また配置が気に入らない場合や、初めからやり直したい場合、
「RESET」を押すことで、
全てのドラムを中央に戻すことも可能です。

製品のご購入

通常版のKompleteへ更に音源を追加した完全版です。
よりリアルで豊富な生楽器音源、シンセ、エフェクトなど。
最初から完全な状態で制作を始めたいという方へオススメいたします。