「BRASS COLLECTION」1_ 基本概要と演奏表現

Author: sleepfreaks

あらゆる表現が可能な究極のオーケストラブラス音源

Symphony Series - Brass

「SYMPHONY SERIES – BRASS COLLECTION」はブラスに特化したオーケストラ音源です。

超高品質で録音されたブラス音源の100を超える奏法を、
ご自身の楽曲へ素早く取り入れることが可能です。

BRASS COLLECTIONには2タイプの音源が用意されています。

  • BRASS ENSEMBLE

ENSEMBLE

トランペット、トロンボーン、ホルン、ベースブラス(チューバ、ユーフォニアム)
各セクションを8人で編成。大迫力のサウンド。

  • BRASS SOLO

SOLO

トランペット、トロンボーン、1stホルン、2ndホルン、チューバのソロ演奏
独自のアルゴリズムによりよりナチュラルな演奏が可能。

これらを用途に合わせ、個別に購入することも可能です。
ここでは製品の核となる「基本概要と演奏表現」を解説していきます。

BRASS COLLECTION 動画アクセス

  1. 1基本概要と演奏表現 *当記事となります
  2. 2サウンドエディット
  3. 3ソロセクション

BRASS COLLECTIONの立ち上げ

kontakt-1

BRASS COLLECTIONは「Kontakt」を使用して立ち上げます。

KompleteKontrol

また「KompleteKontrol」からも起動が可能です。
これにより「コード機能」や「アルペジオ機能」を併用することが可能です。

またKompleteKontrol本体をお持ちでない場合でも、
Komplete 9/10 ユーザーは無料でダウンロード、使用することができます。

KOMPLETE KONTROL-S

KOMPLETE KONTROL

  • 記事一覧

1_概要
2_ブラウズ機能
3_ライトガイドとクリアビューディスプレイ
4_スケール機能
5_コード機能
6_アルペジオ機能
7_オートメーションとMIDIモード

KompleteKontrol 1.1 新機能

プリセットの概念

プリセット

各楽器にフォルダで分けられています。
一番下の「Brass Ensemble」は全楽器を1つの音源で演奏させることができます。

各楽器のフォルダ内へアクセスしてみましょう。

Trampets

ここでは「Trampets」のフォルダを参照しています。
楽器名の隣に「Effects」「Legato」などの文字が記載されています。
これは奏法を示唆しており、その奏法に特化した演奏が可能です。

※この場合は他の奏法へ切り替えることができません

一番下の「Trumpets(無記載)」では、
全ての奏法を切り替えて使用することが可能です。

楽曲中で「Effects」「Legato」など自由に切り替えたい場合には、
このプリセットを選択してください。

モジュレーションホイールの音量コントロール

ここでは「Brass Ensemble」を例に解説を進めていきます。

ダイナミクス

「Performance」タブの「Dynamics」を使用すると、演奏音量を変更することができます。
フレーズに対し、より豊かな演奏表現を与えることが可能です。

モジュレーションホイール

この「Dynamics」はMIDIキーボードの「モジュレーションホイール」にも対応しています。
納得がいく音量表現を柔軟に作り出すことができます。

アーティキュレーションで演奏法を変更

BRASS COLLECTIONは各楽器に対し、
様々な演奏法(アーティキュレーション)を指定することができます。

アーティキュレーション

  • 1_Performanceを選択します
  • 2_最大8つまで奏法を割り当てることが可能です
    割り当てる箇所をクリックし点灯させます
  • 3_クリックし奏法を決定します

キースイッチ詳細

「Articulation」をクリックすることで、
より細かく演奏法を指定することができます。

アーティキュレーション切り替え

楽曲中での奏法変更は「キースイッチ」を使用します。
切り替えたい奏法音程を確認し、実演奏の前にノートを打ち込みます。

これにより、リアルタイムで奏法を指定、切り替えることが可能です。