10. トラックの種類 Ableton Live

Author: sleepfreaks

2種類のトラックを把握する

今まで無造作にクリップを配置してきましたが
ここで「トラック/クリップ」に関しての超重要概念を覚えていただきます。

トラック&デバイス



製品のご購入

トラックには2つの種類があります

「Audioトラック」と「MIDIトラック」です。
それではこの2種類の違いを見ていきましょう。

Audioトラック

オーディオという名前から連想できるように
波形で記録されたクリップを扱うトラックです。

オーディオ

直接プレイし録音される
生の「ボーカル」や「ギター」などは「オーディオ」となります。

この他に「CDやレコード」をLiveへ取り込んだ場合も「オーディオ」となります。

AudioClip

またブラウザから「オーディオクリップ」を確認してみます。
このようなマークが記載されている場合、「オーディオクリップ」であることを表します。

MIDIトラック

MIDIトラックは打ち込み全般を扱うトラックです。

MIDI

パソコンの中に入っている音源(仮想楽器)はすべて「MIDIトラック」 となります。

この「MIDI」最大の特徴はその柔軟性です。

  • ピアノで演奏されているMIDIクリップをギターの音色へ差し替える
  • ドラムクリップのスネアドラムだけを消す
  • リズムや音程を自由に変更することができる

などオーディオでは困難な、調整を簡単に行なうことができます。





トラックの扱い注意点

トラックのルールとして
1つのトラックに「MIDIクリップ」と「Audioクリップ」を混在させることはできません。 

MIDIトラックは「MIDIクリップ」のみを扱い、
Audioトラックは「Audioクリップ」のみを扱うことができます。

クリップの移動

よって「MIDIクリップ」を「Audioトラック」へ移動することができないのです。
その逆もアウトとなります。

ここに注意が必要となります。

トラック作成時のルール

初回にクリップを挿入する時のみ、
トラックは「Audio/MIDI」どちらのクリップでも配置することが可能です。

最初に挿入されたクリップの種類が「Audioか? / MIDIか?」により
トラックの種類が確定します。

トラックが変化

トラックの種類が確定した後は、異なる種類のクリップは挿入できなくなります
上記の場合「MIDIトラック」と確定したため「Audioクリップ」を扱うことはできなくなります。

ここがトラック最大の注意点となります。

空白の新規トラックを作成する

トラックの選択

トラックの空白部分を「右クリック」し、
表示されるメニューより「Audio or MIDI」任意のトラックを選択します。

製品のご購入