Ableton Live 9.5 新機能 Simplerについて Ableton Live 使い方

Author: sleepfreaks

サンプラーとシンセのパラメーターを一体化した【Simpler】

Ableton Live Simpler

「Simpler」は、サンプラーとシンセサイザーのパラメーターをかけ合わせたインストゥルメントです。
オーディオループから素材を抜き出して、楽曲に使用するも良し、
また、Voice数も最大32音まで変更できるため、和音を演奏することも可能です。

Simpler解説動画




製品のご購入

Simplerの立ち上げ

Simpler_立ち上げ-1

「Instruments」→「Simpler」と進み、MIDIトラックへドラッグ&ドロップします。

Simpler_オーディオの読み込み

取り込みたいオーディオ素材をドラッグ&ドロップします。

Simpler_オーディオ素材を取り込んだ後

すると、このようにオーディオの波形が表示されます。
こちらの素材に対して、様々な加工を行うことができます。

サンプル素材の基準値とVoice数の変更

Simpler_サンプル素材の基準

サンプルを使用するにあたり、元の音程はどこにアサインされているか?
気になるところですが、「C3」が基準となっています。

Simpler_Transpose

素材が「C」ではなく、「D,E」などの場合、
トランスポーズを使用することで、その後の編集がやりやすくなります。
「Controls」→「Transp」で半音単位で調整ができます。

Simpler_Voice数の変更

また、サンプル素材を和音で使用したい場合、
「Voice」を変更することで、最大32音まで同時発音することができます。

3種類の再生モード

Simpler_3種類の再生モード

  • 「Classic」音程を持つサンプルを使用して、メロディやハーモニー楽器の作成などに向いています。
  • 「1-Shot」モノフォニック(単音)専用で、短いドラムフレーズの作成などに向いています。
  • 「Slice」ドラムブレイクなどリズミカルなフレーズの作成などに向いています。

Classicモード

Simpler_Classic Mode

Classicモードでは、サンプルの再生位置やループ範囲をコントロールが簡単に行えます。
「Start」と「Length」で再生範囲を決めて、「Loop」でループ範囲を決定します。

Simpler_Fadeについて

「Fade」を使用すると、ループのつなぎ目を滑らかにすることができます。
注意点として、「WARPをOFF」にする必要があります。

マクロコントロールを使用する

Simpler_マクロコントロール

マクロコントロールを使用することで、オートメーションを適用したり、
簡単にMIDIコントローラーでパラメーターを操作することもできます。

マクロコントロールについては、下記リンクの記事で解説しています。

次回は、「1-Shot」と「Slice」モードについて解説いたします。

製品のご購入