5. ファイルブラウザの基本1 Ableton Live

Author: sleepfreaks

クリップの基本概念

いよいよLive内の解説に入っていきます。

ここでは「セッションビュー」を使い解説を進めていきます。
初回起動時はこの「セッションビュー」が開かれた状態です。

スロット

現在2つの「トラック」が立ち上がっており、
そのトラックに配置された箱のことを「スロット」と呼びます。

クリップ

この「スロット」へ「クリップ」(演奏)を挿入します。
肝心の「クリップ」は「ファイルブラウザ」を使用して視聴/選択を行ないます。

ファイルブラウザを開く

ビューの開閉

「ファイルブラウザ」は赤囲み部分をクリックし「開閉」が可能です。

プリセット

上部の「CATEGORIES」にはインストールしたインストゥルメントやサウンド、
サンプルや買い足したプラグインが表示されます。
下部の「PLACES」にはハードディスク上のフォルダが表示されます。
「フォルダを追加」をする事も可能です。

演奏の視聴

「PLACES」の「Packs」をクリックするとインストールしたPack、すなわち音源集が表示されます。
このPackはAbltonのホームページより購入、もしくは無料でダウンロードする事が出来ます。

ファイルブラウザのルール

「ダブルクリック」でフォルダの中に入ることができます。

フォルダをダブルクリック

ダブルクリック後

また表示を前の階層に戻すには「親フォルダ」をダブルクリックします。

階層を開いていく方法はもう1つあります。

Live_5_9

三角形をクリックするとツリー形式で中身が表示されます。
再度、三角形をクリックすると中身を閉じます