18. オーディオクリップの編集 Ableton Live

Author: sleepfreaks

録音したクリップを編集する

前項で楽器の「オーディオレコーディング」を行ないました。
録音した素材は以下となります。

波形

なかなか良い感じで録音ができましたが、
演奏開始/レコーディング終了後に空白ができてします。

これでは他クリップと演奏タイミングがズレてしまいます。

この問題を修正し「クリップ」の最適化を行なっていきます。

オーディオクリップの編集

オーディオクリップの編集

「オーディオクリップ」を「ダブルクリック」します。

画面下に編集ウィンドウが開かれます。
この画面のことを「サンプルエディタ」と呼びます。

この「サンプルエディタ」を使い、
様々なオーディオ編集を行なうことができます。

再生範囲を変更する

小節を変更

赤囲み部分の小節を変更します。
これにより「空白部分の削除」「必要箇所のみの抽出」が可能となります。

  • 「Start」: 演奏を始めたい小節を指定します
  • 「End」: 演奏を終えたい小節を指定します

繰り返し演奏を行なう

通常の再生は演奏が1度きりで終わってしまいます。

「Loop」を使用する事で
停止指示を出すまで指定範囲を繰り返し演奏させることができます。

「ルーラー部分」をドラッグしループ範囲を指定

「Loop」を点灯させます。

赤囲みの「ルーラー部分」をドラッグしループ範囲を指定します。

「Warp」を点灯

※「Loop」を使用する為には「Warp」を点灯させる必要があります 

波形の音量を変更する

波形の音量を調整し、楽曲への最適化を行うことができます。

スライダーを上下ドラッグし音量を調整

赤囲みのスライダーを上下ドラッグし音量を調整します。

演奏の音程(キー)を変更する

楽曲の転調/展開に合わせ、演奏の音程を調整することが可能です。

ノブを上下ドラッグし音程を調整

赤囲みのノブを上下ドラッグし音程を調整します。

  • 「1」は鍵盤1つ分、1半音を表します
  • 「+」の値で音程が上がり「-」で音程が下がります

製品のご購入