Roland Boutique シリーズ「D-05」が発表されました

Roland Boutique シリーズ「D-05」が発表されました

Roland Boutique シリーズ「D-05」が発表されました

発売予定日:2017年9月29日
価格:46000円(税抜)

Roland Boutiqueについて

Roland_boutique

Roland Boutique(ローランド・ブティーク)は、Rolandの最新モデリング技術を使い、往年の名機をコンパクトな形で復刻させた新しいタイプの製品です。
当時の電子楽器の内部は、多くのアナログ・パーツで構成されており、アナログ・パーツもそれぞれ個性的な特性があるため、組み合わせた電子楽器自体も特徴的なサウンドを持っています。
再現する際、設計開発に携わったエンジニアの方も参加し、オリジナル製品の設計図からアナログ・パーツの特性を丁寧に解析して、解析したパーツをオリジナル製品の電子回路と同様に組み合わせることで、アナログ時代の電子楽器を現代に蘇らせることが可能になったそうです。

Roland Boutique

Boutiqueシリーズ専用キーボード「K-25m」と組み合わせることで、音楽制作ツールの一つとしても活用が可能。
見た目もコンパクトで可愛いですね。
また、JUPITER-8、JUNO-106、JX-3PをモデリングしたJP-08、JU-06、JX-03などは、既に発売されていますので、いずれかの製品を所有されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

D-05について

roland_d-50_d-05

今回登場した「D-05」は、1987年にRoland社が発売した同社初のフルデジタル・シンセサイザー「D-50」を完全再現した製品です。
「D-50」は、サンプリングされたアタックと波形をシンセサイズしたサステインをミックスした音色合成方式(LA音源)を搭載し、内蔵のコーラス、リバーブ、EQを駆使したサウンドで、80年代後半の音楽に大きな影響を与えました。
ヒット曲の中には、「D-50」のプリセットが、そのまま使われている事もあり、そのサウンドは、シンセポップやニューウェーブ、R&B、サウンドトラックなど幅広いジャンルで聞く事ができます。

「D-05」は、DCB(Digital Circuit Behavior)というテクノロジーにより「D-50」のLA音源を忠実にモデリングしています。

製品の特徴

・ ローランド初のフルデジタル・シンセサイザー「D-50」を完全再現。
・ DCB(Digital Circuit Behavior)により、細部に至るまで忠実に再現。
・ 同時発音数はD-50と同じ「16音」
・ 当時の全プリセット、別売りだった4種のカード全ての音に加えて、新規プリセットの音色も収録。
・ オリジナルD-50のパッチ・データとの互換性あり。
・ 最大64ステップのポリフォニック・シーケンサーとアルペジエーターを搭載。
・ 持ち運び便利なポータブル・サイズ。
・ USBバス電源での動作に加え、電池駆動にも対応。
・ 気軽に楽しめる、パワード・ミニ・スピーカーを搭載。