ベーススラップでノリを演出

Author: sleepfreaks

スラップベースでアクセントを加える

前回の「ゴーストノート」に続き、もう1つベースレシピをご紹介致します。

既存のベースフレーズに「スラップベース」を加えるというテクニックです。
アタック感が強い奏法のため、パーカッシブな使い方がポイントとなります。

重要項目は既存ベースとの住み分けです。
「音域の整理」「定位の変更」「空間エフェクト」の適用など。

あくまで上モノ扱いとし、飾り付けを行っていきます。

「スラップサウンド」

サウンド作成

製品のご購入

アクセントになるノートを打ち込む

打ち込み

ドラムや既存ベースフレーズを聴きながら、アクセントをつける部分を打ち込みます。
スラップは「オクターブ」や「7th」ノートが合います。

ベロシティは一オクターブ上のノートを強めに設定してみてください。

既存ベースとの差別化を行う

EQ

既存ベースの邪魔にならないよう、
EQを使用し「ローカット」や「ハイカット」を行います。

歪み

歪みを加えたり

Delay

Delayで奥行きをつけることも有効です。