ドラムパターンのマンネリ化を防ぐテクニック

Author: sleepfreaks

ドラムパターンの繰り返し感を防ぐエディット法

製作レシピ_ドラムのマンネリ化を防ぐテクニック

ドラムの打ち込みで陥りがちなのが、短いパターンをひたすらループすることで、
変化が乏しくなってしまうということです。

ここでは、パターンに対して簡単なエデットを行うだけで、
ドラムのマンネリ化を防ぐテクニックをご紹介していきます。

  • パターンの連続にどう変化を加えれば良いかわからない
  • 基本パターンをあまり変えずに変化をつけたい

このような場面に最適です。

ドラムパターンのマンネリ化を防ぐテクニック 動画

ゴーストノートでさりげなく変化をつける

ドラムパターン

ここでは、まず1小節のパターンを4小節分コピーしました。

コツ

16分音符の裏を中心とし、各小節にスネア、ハイハットのゴーストノートを打ち込みます。
各小節ごとに若干パターンを変えるのがポイントです。

ベロシティはナチュラルに聞こえるように低めが良いでしょう。

ランダマイズ機能を使用する

ランダマイズ

各パターンを結合し、一斉にランダマイズを適用します。
ポイントはパターンのコピー後にランダマイズを行うことです。

これにより、毎小節のニュアンスを微妙に変化させることができます。

Randomize/Humanize(ランダマイズ/ヒューマナイズ)の解説

DAW別のランダマイズ方法解説記事

ランダマイズにはティックという単位が使用されます。

Tick(ティック)の解説