ボイシング、アルペジオ、ロー・インターバル・リミット/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

コードを応用するために必要な基礎知識とテクニック

ここまで学んだ「メジャーのダイアトニックコード(3和音,4和音)」を実践的に使用する前に
もう少しだけ、コードについての理解を深めましょう。

今回学んでいただくのは、「ボイシング」「アルペジオ」「ロー・インターバル・リミット」
という3つの項目です。

前回同様、楽曲に合わせてコード進行を組み立てる際や、楽器のアレンジを行う際に役に立つ
重要な知識となりますので、ぜひ身につけて下さい。

ボイシング(Voicing)

ボイシングとは、簡単に言えばコードに含まれる音をどんな順番で積み重ねるかということです。
前回触れたように、コードは基本形以外にも様々な音の配置で表現され、
進行やアレンジ、あるいは使用する楽器に合わせて使い分けていくことになります。

ボイシングの分類には様々な考え方がありますが、まずは以下の2種類を押さえておきましょう。

  • クローズド・ボイシング(Closed Voicing)
  • オープン・ボイシング(Open Voicing)

それぞれ項目を分けて詳しく触れていきます。

クローズド・ボイシング(Closed Voicing)

以下のように、全てのコード構成音が1オクターブ内におさまっている配置
「クローズド・ボイシング」と言います。

closed_voicing_score

closed_voicing_daw

クローズド・ボイシングは「音の一体感」を強く感じる響きがしますが、
高音域では窮屈な印象、低音域では濁った印象を与えることがあります。

オープン・ボイシング(Open Voicing)

一方で、コードの構成音が1オクターブの音域収まっていない配置
「オープン・ボイシング」といいます。

open_voicing_score

open_voicing_daw

オープン・ボイシングは音同士のインターバルが離れているため音の独立性があり、
広い音域をカバーすることで、聴感上ゆったりとした印象を与えます。

どちらのボイシングを選択するかは、求めるサウンドや使用する楽器によります。

前回出てきた、ギターでCメジャーのコードを弾く際の最もオーソドックスな音の並びは
オープン・ボイシングでしたね。

C_guiar

クローズドとオープンの違いについては以下の動画も参考になりますので、是非ご覧下さい。



アルペジオ(Arpeggo)

アルペジオ(Arpeggio)は、ブロークン・コード(Broken Code) =「分散和音」の一種です。
※アルペッジョと表記されることもあります

ブロークン・コードとは、コードを演奏する際に、構成音を同時に鳴らすのではなく
タイミングを分けて鳴らす方法です。ランダムでも良いというところがポイントです。

アルペジオは、コードの構成音を1音ずつ低いものから高いもの(または逆)へと順に鳴らす事
いいますが、近年ではどちらもまとめてアルペジオと呼ぶ場合が多いです。
一応それぞれの違いも知っておきましょう。

以下はアルペジオのサンプルです。

ロー・インターバル・リミット(Low Interval Limit)

ロー・インターバル・リミットをご理解いただくために、まずは2つのCmaj7コードをお聞き下さい。

1つ目は綺麗ですが、2つ目は同じコードとは思えないほど聞き苦しい響きですよね?

ピアノロールで確認してみましょう。

Cmaj7_high_low

低音は、近い音同士で重ねた場合濁って汚く響いてしまうことがあります。
それを防ぐ基準として、低音がどのくらい離れた音となら重ねても濁らないかの限界を定義したもの
「ロー・インターバル・リミット」です。

一般的な定義としては、以下がそれぞれのインターバルの”限界”(最低域)となり、
それより低くなると濁るとされています。

low_interval_limit_score

ここではC3を真ん中のドとします。


low_interval_limit_daw

厳格な定義は楽器によって違ったりしますし、
あえて濁るとされている音域を使用している楽曲もあります(ホラー系のBGMなど)。

とはいえ、やはりある程度の基準を意識しておくことは必要です。
作曲やアレンジをしている際に、響きが変だなと思ったら
このロー・インターバル・リミットを思い出してください。

次回は、ダイアトニック関連の解説に戻ります。
皆さんは音楽の勉強中に、IIm7やIVなど、ローマ数字を見たことはあるでしょうか?
ダイアトニックコードをより身近感じられるようになる、大変優れた表記法です。
きっとマスターしていただけますので、どうぞお楽しみに。



記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む