sus系コード① sus4(サスフォー)/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

サスフォー・コードの概要

今回からsus系のコードということで、
まずは“解決を遅らせる”事が出来る、サス・フォーコードを学んで行きましょう。
コード進行の流れを変え、ドラマティックにすることもできます。

サスフォーの響き

まずは、サス・フォーのサウンドを確認してみましょう。
コードの構成音を順に鳴らした後に、コードが鳴ります。

  • Csus4

なんとも言えない浮遊感のある響きですね。
そのあとに、Cメジャー・コードをつなげてみましょう。

  • Csus4 → C

浮遊感から解決したような印象も受けますね。
合唱コンクールを思い出した方もいらっしゃると思います。

サスフォーの表記

サスフォー・コードは、以下のように表記されます。

Csus4

基本的にこの一つでOKです。

  • Eサスフォー= Esus4
  • Fサスフォー= Fsus4


サスフォーの成り立ち

Csus4コードの基本形を、譜面とピアノロールでそれぞれ確認してみましょう。

Sus4_score

Sus4_daw

メジャートライアドの構成をマスターしている方は、M3rdのみの違いだと気づくと思います。
Defference

構成音は以下の通りです。

Sus4_composition

  • ルートからのインターバルでは R/P4th/P5th
  • ルートを1としたスケールディグリーでは 1/4/5

となりますね。




サスフォーの意味

”sus4”は、”suspended” fourth chord=“サスペンディッド”・フォース・コード
を略したものになります。

ここで、サスペンディッド・ノート(Suspended Note)=掛留音(けいりゅうおん)について
学んでおきましょう。

サスペンディッド・ノートとは、ノンコード・トーン(Nonchord tone)= 非和声音、
つまりコードの構成音以外の音の一種です。
イメージは、前の小節の旋律が伸びて(タイで繋がれて)次の小節にまたがり、
その後、コードの構成音に解決(主に2度)するイメージです。

supended_score

suspended _daw1

G7→Cで、Fを伸ばしたイメージが、Csus4コードの元のイメージとも考えられます。
suspended _daw2


サスフォーを使ってみる

実際にサスフォーをケーデンスに取り入れてみましょう。
元のサンプルとして、こちらのツーファイブワンの流れを使用します。

  • IIm7→V7→I
    Key=Cメジャー Dm7→(G7→C)


Dm7G7C

G7→Cの全終止(ドミナント・モーション)で、解決していますね。

ではここにサスフォーを挟み、Dm7→(G7→Csus4→C)にしてみましょう。

  • IIm7→V7→Isus4→I
    Key=Cメジャー Dm7→(G7→Csus4→C)


Dm7G7Csus4C

G7→Cの間にCsus4を挟むことにより、解決が遅れて聞こえましたね。
最後のCでやっと解決した感じです。

G7のFが、Csus4のFと共通音になっている点にも注目してください。
m7の音が伸びているようにも捉えられますね。
この場合のトライトーンの動きにも注目してみましょう。

Compare

二段階に分けて進んでいますので、解決が遅れるイメージと繋がりますね。

このように解決の前にワンクッション置くことで、終止をよりドラマチックに演出するのが、
サスフォーの主な使われ方です。
様々な曲で使われていますので、楽曲分析の際にぜひ注目してみてください。

次回は、他のsus系コードも見ていきましょう。




記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む