オミット(Omit)という考え方/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

オミットの概要

今回は、sus系のコードとも合わせて覚えたい「オミット(Omit)」という考え方を学びましょう。
演奏者にコード譜を渡して弾いてもらう際にも、非常に役に立つ知識です。

まず、オミットとはなんでしょうか。

単語「Omit」には、「省く」「省略する」「抜かす」などの意味があります。
つまり、コードの構成音から何かを”省略”して使用しようという意味ですね。

今回は、オミットの中でも頻出する「omit3(オミット・サード)」を中心に確認していきましょう。
✳︎omit3はパワーコードと同時に紹介されることもありますが、パワーコードは後に様々な動きを学んだ後に紹介します。



オミットの表記法

オミットの代表的な表記例は以下の通りです。

omit

上記はomit3を例としていますが、「omit5」「omit root」などを見かけた際は、「omit」の後に続くものを省略して弾くということですね。
会話の中で「〜の音をオミットして」のようにも使用されます。

また「no3」は3rdなし、「5」はルートと5thだけ、ということで、omit3と同じことを指しています。

オミットの響きと成り立ち

まずは、Comit3のサウンドを確認してみましょう。
コードの構成音を順に鳴らした後に、コードが鳴ります。

今までのコードと違い、明るさも暗さもこの状態では判別出来ませんね。
譜面、ピアノロール上でも確認してみましょう。

Comit3_score
Comit3__daw

コードの中でも、性質を左右する=マイナーかメジャーかの特徴を決定する、3rd(3度)の音がありません。また、独自のキャラクターを取り入れる7th(7度)等の音もありません。
omit_comparison

では、なぜこのように省略してコードを演奏する必要が生じるのか、次項で見ていきましょう。


オミットを使ってみる

まず、Key=Cメジャーでこのようなメロディーが浮かんだとします。


melo4omit_daw

これに、アボイドノートに気をつけてコードをつけてみた結果、こうなったとしましょう。


fg

もちろん悪くはないのですが、サブドミナントから始まっているので、”どこに向かうんだろう?”という期待感から始まっていますね。

もし順当にトニックから始めたい場合は、メロディのFが目立ってアボイドノートとなり、濁った響きが気になるということが起こりえます。

cg

最初の響きだけを聞くとこのような感じです。

そういった場合にComit3を使用すれば、アボイドノートの発生を避けながらトニックっぽく始めることができます。


using_comit

もちろんこのケースでは、sus4を使用して濁りを解消することもできます。
Fが強調される形となりますので、雰囲気に合わせて使い分けてください。


using_csus4

以上はオミットの一例ですが、他にも以下のような意図を持って指定されることがあります。

  • メジャーでもマイナーでもないコードのサウンドを使用したかった
  • たくさんの音が含まれるコードで、幾つか音を省略したかった
  • メロディーを自由にさせたかった

楽曲分析の際に見つけたら、どのような作曲者の意図があるのか、ぜひ読み取ってみてください。



記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む