主要三和音(ナチュラル・マイナー)とその機能(ファンクション)①/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

ナチュラル・マイナーダイアトニックのコードの機能を理解する

今回は、ナチュラル・マイナーダイアトニックコードをどのように使用すれば”展開”が作れるのかを学んでいきます。
そして、メジャーとの違いを意識しながら、マイナーに3つの種類がある理由についても少しずつ紐解いていきましょう。

メジャーについては、第28回で学びましたね。
ナチュラル・マイナーでも、ストーリー性を意識する楽曲では、”機能”=ファンクション(Function)を意識してコードを並べる必要があります。
メジャーと同様、適当にコードを並べてしまうと、同じところをぐるぐる回っているように聞こえたり、文章で言うところの「起承転結」があべこべで聞きにくい展開になってしまうのです。

ナチュラル・マイナーの主要三和音

第一歩として、一番重要な3つのコード=主要三和音 (Primary chords)を押さえておきましょう。
Key=Cメジャー/Cマイナーをサンプルとします。

まずはメジャーからです。

major_tsd



メジャーの各スケールディグリーネームの中に

  • Tonic(トニック)
  • Subdominant(サブドミナント)
  • Dominant(ドミナント)

という言葉が出てきましたね。
そしてこの3つの上に出来たコードを主要三和音(Primary chords)と呼び、コード進行において非常に重要な意味を持っているということをお話ししました。(第28回29回30回31回参照)

続いて、ナチュラル・マイナーの各スケールディグリーネームを見てみましょう。

minor_tsd
※bが付かない表記や(III,VI,VII)、マイナーは小文字(ⅲ等)で示すなど、様々な表記法があります。

こちらにも

  • Tonic(トニック)
  • Subdominant(サブドミナント)
  • Dominant(ドミナント)

がありますね。

その上にダイアトニックコードを作ってみましょう。

  • 3和音
  • mtsd_diatonic_triad

  • 4和音
  • mtsd_diatonic_triad

ここで、メジャーとマイナーの違いに注目しましょう。
メジャーの時の主要三和音は、すべてメジャー系の(M3rdを含んでいる)コード、「メジャー・トライアド」「メジャー・セブンス」「ドミナント・セブンス」でしたね。

triad_major_diatonic

triad_major_diatonic

それに対し、マイナー(ナチュラル)の主要三和音は、すべてマイナー系の(m3rdを含んでいる)コード、「マイナー・トライアド」「マイナー・セブンス」です。

mtsd_score_triad

mtsd_score_tetrad

まずはこの違いを押さえておいて下さい。

主要三和音のファンクション

さて、さらに主要三和音のファンクションを振り返りましょう。


  • T=Tonic(トニック)コード

    そのkeyの中で中心的存在です。強い安定感を持ち、曲の最初、また最後のコードとしてよく用いられます。
    ❇︎楽曲分析をしてみると、トニックから始まっていない曲も沢山発見できると思います。


  • SD(or S)=Subdominant(サブドミナント)コード

    TとDの中間的な性格のコードで、コード進行に彩りや発展的な印象を与えることができるコードです。
    TからSDに進むと、コード進行に展開が生まれたと感じ取れ、浮遊感も感じられます。
    Dの前で使用すると、Tで得られる解決感の流れをよりスムーズに、強固なものにできます。


  • D=Dominant(ドミナント)コード

    I=T=Tonic(トニックコード)に戻ろうとする力が非常に強いコードです。
    Dominant(ドミナント)からTonic(トニック)に戻ることで、コード進行がひと段落した、終わった、という、いわゆる「終始感」を得ることができます(特にI戻った場合)。そして、不安定さや緊張感、戻ろうとする力としては、VよりV7の方が強いです。



このイメージは”Dominant(ドミナント)コード”を除いて、メジャーもナチュラル・マイナーも同じです。
ナチュラルマイナーのドミナント(ドミナントマイナー)「Vm」「Vm7」は、リーディングトーンやトライトーンを含まないため、不安定さや緊張感がなく、戻ろうとする力が弱いということが、一つのポイントになります。ということが、一つのポイントになります。

  • ❇︎マイナーの主要三和音は、Tm(トニック・マイナー)コード、 SDm(or Sm)(サブドミナント・マイナ)ーコードDm(ドミナント・マイナー)コードと表記することもよくありますので、覚えておきましょう。

各ナチュラル・マイナーキーにおける主要三和音を一覧でも押さえておきましょう。
青(T or Tm)、 緑(SD or SDm)、 赤(D or Dm)を表しています。

  • 3和音
  • mtsd_matrixtetrad

  • 4和音
  • mtsd_matrix_triad

レラティブ・キーにおけるファンクションの変化

最後に、メジャーとナチュラル・マイナーが出てきたところで、レラティブ・キーにおけるファンクションの違いも確認しておきましょう。

Cメジャーと、Aマイナーはレラティブの関係でしたね(第8回参照)。
その場合、スケールから出来上がるコードは同じですが、ファンクションが違ってくるという点に注目してください。

  • Cメジャーのダイアトニックコード(4和音)
  • C_diatonic_tetrad

  • Aマイナーのダイアトニックコード(4和音)
  • am_diatonic

このポイントを押さえておくと、楽曲分析時にキーを判別する際にも、大いに役立ちます。

次回は、メジャーの時と同様に、ナチュラル・マイナーを「コード進行の最小単位」=「Cadence(ケーデンス)=終止形」に当てはめて確認していくとともに、”戻ろうとする力”が働くリーディングトーンを加えたバージョンも見ていきましょう。



記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む