ナチュラル・マイナーダイアトニックコードのディグリーネーム(4和音)/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

4和音のディグリーネーム(ナチュラル・マイナーダイアトニックコード)

今回は、前回の3和音に引き続き、4和音のディグリーネームを確認してまいりましょう。
楽曲を分析してみると、3和音/4和音両方出てくることが多いですので、ぜひマスターしましょう。

chord_assistant

21~26回あたりのメジャー関連・置き換えることでの利点、そして、前回の知識が必須になりますので、忘れた方は復習しておいてください。

解説に使用する表は、下記よりダウンロード可能です。
学習にお役立ていただければ幸いです。
http://sleepfreaks-dtm.com/music/Natural_Minor_Diatonic_Tetrad.zip

ダイアトニックコードの法則性は3和音と同じ

4和音のナチュラル・マイナーダイアトニックコードを一覧してみましょう。

natural_minor_diatonic_tetrad



3和音と同様、これらを丸覚えすることは非常に大変です。
ですが、4和音にも3和音と同様の法則性があります。

”スケールに沿って左から出来上がるコードの性質は同じ”という点がポイントですね。

  • A(ナチュラル)マイナーのダイアトニック・コード(4和音)
  • am_diatonic_tetrad

  • C(ナチュラル)マイナーのダイアトニック・コード(4和音)
  • cm_diatonic_tetrad

このように、いずれも
マイナー・セブンス/マイナーセブンス・フラットファイブ/メジャー・セブンス/マイナー・セブンス/マイナー・セブンス/メジャーセブンス/ドミナント・セブンス
の並びになっていることがお分かりいただけると思います。

こちらも、3和音同様ピアノロール上であれば平行移動して簡単に作ることができます。

minor_diatonic_transpose

3和音同様、この法則性に注目し、各スケールの度数をローマ数字に置き換えて覚えてしまいましょう。

スケールに沿ってローマ数字を振る

3和音の時と同じ手順で、スケールの始まりの音から順番にローマ数字を振っていきます。
Cナチュラル・マイナーで進めてみましょう。


cm_scale_score

ディグリーネームは、以下の通りとなります。
cm_scale_degree
cm_scale_daw

  • bが付かない表記がされているものもありますが、当講座では前回同様、他のスケールやダイアトニックコードとの違いの意識、また後々学ぶテクニックのために「b」をつけて進めていきます。

ここからダイアトニックコードを作りましょう。手順は46回目に掲載した通りです。
合わせて、ローマ数字の隣に各コードの性質を付記していきます。
cm_diatonic_tetrad

出来上がりです。
このローマ数字の箇所に各ナチュラル・マイナースケールの音を入れるだけで、ナチュラル・マイナーのダイアトニックコード(4和音)を網羅できるということになります。

  • ディグリーネームの記述法は、メジャーの横に「△」をつけたり、マイナーは小文字(「ⅲ」等)で示すなど、様々な表記法があります。本講座では上記の記述で統一します。

ちなみに、それぞれの呼び名は以下の通りです。

  • Im7 = ワン・マイナー・セブンス
  • IIm7b5 = トゥー・マイナーセブンス・フラットファイブ
  • bIIImaj7= フラット・スリー・メジャーセブンス
  • IVm7 = フォー・マイナー・セブンス
  • Vm7 = ファイブ・マイナー・セブンス
  • bVImaj7 = フラット・シックス・メジャーセブンス
  • bVII7 = フラット・セブン・セブンス(ドミナント・セブンス)




ディグリーネームの活用

メジャーの際と同様、今制作している曲や分析したコード進行を違うマイナー・キーで試したい場合、ディグリーネームが役立ちます。

Fmで試してみましょう。
Fナチュラル・マイナースケールがパッと出てこない際は、Fメジャースケールから考えて、3,6,7を♭させるとよいです。

あとは、スケールの音をディグリーネームのローマ数字の箇所に入れていくだけで、キーの変更にもすぐに対応できます。

key_change_minor
key_change_minor_matrix



最後に、ローマ数字表記ありのナチュラル・マイナーダイアトニックコード(4和音)一覧表を載せておきます。ぜひ、ご利用ください(リンク先を保存で大きいファイルを取得できます)。

natural_minor_diatonic_tetrad

次回は、マイナーダイアトニックコードを使った曲作りに向けた準備に入っていきます。
また、他にもマイナースケールがある理由にも迫っていきますので、ご期待ください。



記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む