三和音(トライアド)のマイナーコード/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

メジャーコードの法則を少し変えるだけでマイナーに

前項では、メジャーコードの作り方を確認しました。

今回は、これまで何回か出てきました、
暗い雰囲気を持つコード「マイナーコード」を見ていきます。

実は、前項のメジャーコードを把握していると、
各マイナーコードはすぐに弾けます。(マイナーに限らず、他のコードにも言えます。)

それでは、まず「Cマイナーコード」のサウンドを聴いてみてください。
コード構成音を鳴らした後に、コードが鳴ります。

マイナーコードは下記のように表記される場合が多いです。

c-min-cho

一般的なものとして、

  • Cマイナーコードなら「Cm」
  • Dマイナーコードなら「Dm」

のような表記でしょうか。
譜面とピアノロールで確認してみましょう。

c-min-cho-1

c-min-cho-2

前項で学んだ、ルートの「C」に「Eb」と「G」が重なっていますね。
さて、それではのDマイナーコードも確認してみましょう。



構成音は下記となります。

d-min-cho-1

d-min-cho-2

「Cマイナーコード」と「Dマイナーコード」の作り方、構成音は分かりました。
前回のメジャーコードと同様に、双方を比較してみましょう。

Cm-Dm-1

Cm-Dm-2

Dマイナーコードを全選択後、ルート音のDをCまで動かしてみましょう。

Dm-to-Cm-

両方とも同じ、Cマイナーコードになりましたね。
マイナーコードの基本形も、重ねる音に法則がありそうです。

ここで、マイナーコードがどのようにできているのか。
ルート音にどのように重ねているのかを確認してみます。

メジャーの時と同様に、Cマイナーコードの隣にインターバルを用意してください。

cm-inter-1

cm-inter-2

Cをルートとして、その上に重ねたEbとGを右に伸ばしてみましょう。

cm-inter-3

メジャーコードは、R,M3rd,P5thでしたね。

cm-inter-4

マイナーコードは、M3rdが半音下がり、m3rdになっていますね。

メジャーコードのM3rdを半音下げて、m3rdにすると
明るい雰囲気のメジャーコードから暗い雰囲気のマイナーコードに変化しました。

サウンドも確認します。

「Cメジャー→Cマイナー」





そういえば、「Dメジャーコード」の構成音は「D/F#/A」でした。
上記法則を使えば、簡単にDマイナーコードを作ることができますね。

dm-to-dmin-1

dm-to-dmin-2

「M3rd」を半音下げて、「m3rd」に変更すればOKです。

サウンドは以下です。

メジャーコードと、マイナーコードの違いがわかってしまえば
メジャーコードの知識を生かして、すべてのマイナーコードの構成音にもたどり着けます。

併せて、スケールディグリーでも確認しておきましょう。
前回のメジャーコードが「1/3/5」でしたので「1/b3/5」となりますね。

白鍵だけでわかりやすかった「Aマイナースケール」で試してみましょう。

Am

まとめると、マイナーコードの基本形は

  • インターバルで覚えるなら
    「R/m3rd/P5th」✴︎ルートはRとします。
  • スケールディグリーで覚えるなら
    「1/b3/5」

となります。
次回は、ディミニッシュコードを見ていきましょう。



記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む