四和音(セブンス、テトラッド)のコード マイナーセブンス編/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

暗くなりすぎないオシャレな「マイナーセブンスコード」

今回は、前項のメジャーセブンスに引き続き、マイナーセブンスコードについて学んでまいります。

前項までで解説している「3和音のマイナーコード」をご理解いただけていますと
すぐに作り上げることができます。

この場合も、3和音との共通点に注目して確認してみましょう。

実際にサウンドを再生してみます。
コードの構成音を順に鳴らした後に、コードが鳴ります。

次にCマイナーコードを聴いた後、Cマイナーセブンスを聴いてみましょう。

マイナーコードは、突き抜けた暗い印象を受けます。
マイナーセブンスは、暗さの中にも煌びやかさがある、複雑な響きですね。

マイナーセブンスはこのように表記されることが多いです。

Cm7

一般的なものは

  • Cマイナーセブンスなら=Cm7
  • Dマイナーセブンスなら=Dm7

あたりの表記でしょうか。
次いで、「C-7 D-7」のような表記も目にします。

Cm7を、譜面とピアノロールでそれぞれ確認してみましょう。

Cm7-Note-1

Cm7-Note-2

ここで何か気がつきましたでしょうか?

そうです。途中までCマイナーコードとなっています。
こちらも、コードの構成音の途中まで既に学んでいるのです。

Cm7-Inter-2

Cm7-Inter-1

前項の「逆転の発想」を使ってみましょう。

ルートから上に数えていくよりルートの半音下の音と考えると
楽に7thへ辿り着けるというものでしたね。

これをマイナーセブンスコードでも応用してみましょう。

Cm7-1

Bbをワンオクターブ下げてみると、ルートに対して全音下の音となります。

マイナーコード(トライアド)まで作ることができたなら、
ルートの全音下の音を付け加えるだけで、マイナーセブンスコードはできるはずです。

応用としてDmからDm7を作成してみましょう。

Dm7

このような形となりますね。

お馴染みの、インターバル、スケールディグリーで「m7」の構造を確認してみます。

Cm7-Scale

インターバルで覚えるなら

  • R/m3rd/P5th/m7th

スケールディグリーで覚えるなら

  • 1/b3/5/b7

となります。

また、メジャーセブンス、マイナーセブンスコードですが

Cmaj7-Dm7

このような見方もできますね。

メジャーセブンスの、明るさの中にも切なさや
マイナーセブンスの、暗さの中にも煌びやかさ

複雑なサウンドは、ここからきているのかもしれません。

次回は、ドミナントセブンスコード….と行きたいところですが
音楽をやる上で非常に重要なサウンド、トライトーンを確認していきましょう。

記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む