メロディック・マイナースケールとマイナースケールのまとめ/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

メロディック・マイナースケールと、その出来た経緯を学ぶ

今回は、今まで3種類あるといっていたマイナー・スケールの内、残りのスケール「メロディック・マイナースケール」を確認していきましょう。

即興演奏をする方は、難しいスケールを考える、あるいは覚える際に、ルートを変えてこちらのメロディック・マイナースケールに置き換えて使用する場合もあります(オルタード・スケールなど)。
また、クラシックと分けるために、他の名前がついている場合もありますね。

ここでは、ハーモニック・マイナースケールを学んだ際のように、どうして3種類もあるのかにポイントを絞って解説していきます。
まずは、今までの流れのポイントをまとめておきましょう。

✳︎ここでの注意点は、各マイナースケールに”それぞれに問題点があったためにこのような順番で出来た”ということを知った上で、現代の曲も分析してみるというところです。
(各マイナースケールは現在でも全て使用されていて、それぞれ利点はありますが、どれが一番優れているというわけではありません)


自然発生的なナチュラル・マイナースケール

最初に、ナチュラル・マイナースケールを学びましたね。

(ナチュラル)・マイナースケールは日本語で、(自然的)短音階でした。
メジャースケール同様、人間の感覚から”自然的”に生まれたイメージとも考えられます。

Natural Minor Scale

そして、ダイアトニックコードを作り上げたのはいいが、リーディングトーンがないため、ドミナントの上に作り上げられたコードは以下のようになりました(49〜52回参照)。

Nm Diatonic
Nm Diatonic
☆5番目に出来上がるコードに、3和音では”Leading Tone”が含まれず、加えて4和音ではトライトーンがない(m7コード)のため)

もちろん、V→Iに戻った際にはある程度終わった感じを得られますが、メジャーに比べて弱く終わった印象を受けました。
❇︎T,SD(S),Dのみで表記する場合もあります。

ハーモニック・マイナースケールへの発展

次に、ハーモニック・マイナースケールを学んでいきました。

(ハーモニック)・マイナースケールは日本語で、(和声的)短音階でした。
“ファンクション(機能和声)を意識した、機能”和声的”終始感が強まる”という点が、人工的に作られたスケールである(ハーモニック)・マイナースケール=(和声的)短音階の名前の由来とされているということでした。

Hm Scale

ナチュラル・マイナースケールの(SubTonic)=(b7)を上の画像のように(Leading Tone)=(7)とし、ダイアトニックコードを作り上げると、色々とまだ見ぬコードは出てきますが、Dominant=ドミナントの上に作り上げられたコードは以下のようになります。

Hm Diatonic 3
Hm Diatonic 4

メジャー同様3和音ではリーディングトーンを含んだV、4和音だとリーディングトーン及びトライトーンを含んだV7が出来上がり、先ほどのナチュラル・マイナーでは得られなかった、マイナーキーの説得力(=強い解決感)を得ることが出来ました。



しかし、以下のようにスケールを並べた場合は違和感はありませんでしたが、


Hm melo1

ハーモニックマイナーのb6,7間のオーグメント・インターバル(オーグメント2nd=増2度音程)を目立たせてしまうと…


Hm melo2

一般的な西洋音楽ではあまり良い動きではなかった、中近東感の印象が出てしまいます。

メロディック・マイナースケールの登場

ここで改めて、メロディック・マイナーという名前に注目して見ましょう。
勘の良い方は、すでに気づかれたかもしれませんが、メロディック=Melodicには、“旋律的”、”調子の美しい”といったの意味があります。この、“旋律的”のイメージで捉えていくと掴みやすくなります。

日本語では、その名の通り「旋律的短音階」と表記されます。
先ほどのハーモニック・マイナースケールのb6,7間(オーグメント2nd=増2度音程)を下記画像のようにしてみましょう。

Mm Scale

こうすることにより、リーディングトーンも含み、違和感のあったインターバルも解消されたということになります。

こちらも、ダイアトニックコードを作り上げるとまだ紹介していないコードが出てきますが、Dominant=ドミナントの上に作り上げられたコードは、3和音ではリーディングトーンを含んだV、4和音ではリーディング・トーン及びトライトーンを含んだV7が出来上がります。

Mm Diatonic 3
Mm Diatonic 4

☆マイナースケールにおいては、よく「上行形は上記のメロディック・マイナー、下降形はナチュラル・マイナー」とされることがあります。スケールを下降する際の第七音はリーディング・トーンである必要はないのと、下降する際に第3音が出てくるまでマイナー感が分かりづらい、などが理由としてあげられます。
メジャー”系”スケールと、マイナー”系”スケールの違いの大きなポイントは(第三音がb3or3)という事とも言えますね。併せて覚えておきましょう。

最後に、この3つのマイナースケールに数字を振ってみましょう。

  • ナチュラル・マイナースケール
    1 2 b3 4 5 b6 b7 (8)
  • ハーモニック・マイナースケール
    1 2 b3 4 5 b6 7 (8)
  • メロディック・マイナースケール
    1 2 b3 4 5 6 7 (8)

楽曲分析の際、上記の違い、どう使われているかを分析してもいいですね。
下記動画の特に4:58秒からも参考にしてみてください。



記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む