ディグリーネームを活用する(後編)/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

キー変更にディグリーネームを活用する

前回に引き続き、ディグリーネームの活用方法を学んでいきます。

今回はまず、キーの変更についてです。
ディグリーネームを使うと、非常に簡単にキーを変更することができます。

例えば、前回のカノン進行(Key=Dメジャー)を使用し、曲を作りましたが
歌い手にキーを下げてくれと言われたとしましょう。

キーの説明の際にも、カラオケの例がありましたね。

もしキーの指定が「-2」だった場合は、キーはCになります。

Key-2

✳︎シンセのピッチなどでもよく見る表記ですが、+1で半音上、-1で半音下となります。
+12で1オクターブ上、-12で1オクターブ下、+7でP5th上です。
今回はキーですので、スケールの最初の音とともに、残りの音も相対的に移動するイメージです。

前回で既に、ディグリーネームによる解析は済んでいます。

Digree_name

あとはこれに、Cメジャースケールの音を入れるだけです。

Modulation

上記を踏まえ、Key=Cでのカノン進行は以下の音源/譜面/ピアノロールのような形となります。

C_kanon_score

C_Kanon_daw

ほとんどのDAWではキーの変更はボタンひとつで簡単に行えますし、
Cubaseでは、コード表示もある程度キーに追従させることができます。

ただ、コード表示の追従が出来ないDAWを使用する場合や、
ライブセッションなどで即座にキー変更を求められる場合は、
このディグリーネームによるキー変更方法を覚えておくと、非常に役に立ちます。

引き出しとして蓄積している進行を制作に用いる際も、
あらゆるキーで手早く打ち込めるようになるでしょう。

以上のことからも、ぜひ身につけていただきたいテクニックです。



有名なコード進行をディグリーネームで把握する

世の中のヒット曲には共通して使われる進行があり、
しかもコード進行自体には著作権はありません。

簡単なダイアトニックコードだけでできる進行もたくさんありますので、
今回はその一部をご紹介します。

ぜひ、お気に入りのコード進行を自分のものにしてみましょう。
ダイアトニックコード表とともに、ご確認ください。

triad_major_diatonic_png

  • VIm→IV→V→I

俗に、「小室進行」と言われます。
遅いテンポでは力強く、早いテンポでは疾走感を感じさせます。

  • VIm→IV→I→V

先ほどの進行の、VとIを入れ替えたものです。
EPIC系の音楽でよく耳にします。
ブロークン・コード(Broken Code) =「分散和音」で演奏すると、イメージしやすいかもしれません。
詳しくは、20_ボイシング、アルペジオ、ロー・インターバル・リミットをご参照ください。

  • IV→V→IIIm→VIm

非常によく耳にするコード進行です。
俗に、王道進行(4和音を含む)と呼ばれる三和音のみのバージョンです。
ジャンル関係なく使用でき、メロディーも乗せやすいと思います。

  • IV→V→VIm→VIm

トランスやユーロビートなどの、ダンス系の四つ打ちにも良く使用されているコード進行です。
クールな感じがしますね。

  • IV→V→VIm→IIIm

途中までは上と同じですが、
最後を変えたことにより、切ない雰囲気が出ていますね。

このように「最後を変える」ことによって、
雰囲気の変化や次への展開が導かれるケースは非常に多いです。

例えば、

  • IV→V→VIm→I

こうすると、最後に力強さが出ますね。

その他、以下の3つも非常によく耳にする進行です。

  • VIm→IIm→V→I
  • IV→I→V→VIm
  • I→VIm→IIm→V

他にもここでは紹介しきれないくらい、たくさんのパターンがあります。
また、アレンジやテンポ、ボイシングでも雰囲気が変わってきます。
ぜひディグリーネームを活用し、ご自身の曲で色々と試してみてください。

次回は、4和音のメジャー・ダイアトニックコードでのディグリーネームを取り上げていきます。



記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む