コードの考え方を広げる/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

コードの様々な形

ここまでで、各メジャーキーで基本的に使用できるコードとして、
メジャーのダイアトニックコード(3和音、4和音)を理解していただけたかと思います。

今回から、そのコードを作曲に応用するために、更に考え方を広げていきます。
まずはコードの様々な形について学んでいきましょう。

ここまではコードについて、基本形(CメジャーならばC・E・G)といった形だけで
お見せしてきましたが、実はそれ以外の形を取ることも出来ます。
同じコードでも、様々な音の並べ方が可能ということです。

以下は、同じコードのまま音を並べ替える際の3つの考え方です。

  • オクターブで移動しても同じコードと考える
  • octave_full

  • コードの構成音が単独でオクターブ移動しても同じコードとして考える
  • octave_note

  • コードの構成音が違うオクターブで重複しても同じコードとして考える
  • octave_overlap

ちなみに、3番目の右のパターンは、
ギターCのコードを弾く際に、最もオーソドックスな音の並びになります。

C_guiar

音の並びを変えてコードをスムーズに繋ぐ

それでは、このような音の並べ替えがどのように作曲に応用できるかを見ていきましょう。
ここからは一旦、コードに対してオクターブ下のルート音を足す形とします。

実際のアレンジでも使われる手法で、ピアノなら左手、バンドならベース担当というイメージです。
例えば、Cメジャーならばこのような形になります。

C_bass_score

C_bass_daw

上記を踏まえ、こちらの2つのサンプルをお聴きください。

コード進行はどちらも、

C | Am | Dm G | C

という流れの4小節です。

コード進行1

コード進行2

少し雰囲気が違うということを感じていただけたでしょうか?

では1つ目から、譜面とピアノロールで確認してみましょう。

chord_progression1_score

chord_progression1_daw

赤く囲んだ部分は、これまでご紹介した3和音ダイアトニックコードの基本形です。
決してこちらが悪いというわけではありませんが、音の跳躍が多いですね。

2つ目の進行はどうでしょうか。

chord_progression2_score

chord_progression2_daw

赤枠部分のコードの構成音が、次のコードと近い音に移動していますね。
それによって、音の跳躍が減りサウンドがスムーズになりました。

他にも、コードのトップノート(一番上にくる音)とメロディーを合わせてみる等、
いろいろなアプローチ方法があります。

今まで、「〜コードの基本形は〜」という表現をしてきましたが、
それは変えていくことができるということです。

音を並べ替える際の注意点

コードの構成音を並べ替える際に、一つ注意しておいていただきたい点があります。
以下のケースをご覧ください。

ConE_score

ConE_daw

構成音としてはCメジャーですが、ベース(最低音)がEです。
このようにベースがルート(根音)ではなくなると、コードの性格が若干変わります
(ちなみにこの場合、ルートはEではありません。Eはベースであり、ルートはあくまでもCです。)

この並べ方ついては後に詳しく触れますので、それまでは無闇に使わないようにして下さい。

次回は今回の内容を踏まえ、専門用語を交えつつ解説していきます。

記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む