終止に注目してみる/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

ケーデンスの要となる「終止」

アボイド・ノートやシックスコードを学んだところで、今回は再びコードと楽曲構成に話を戻します。

第31回でトニック/サブドミナント/ドミナントコードを使用した
「コード進行の最小単位」=「ケーデンス(Cadence)=終止形」を確認していきました。

今回は、ケーデンスの終わりの部分で、楽曲の終わりや、楽節の終わり(ひと段落)を表現したり、
あるいは次への橋渡しを表現する「終止」
に注目していきましょう。
文章でいうところの、句読点のようなイメージです。

✳︎クラシック的要素と、ポピュラー的な要素で捉え方が違うことが多いですが、
ここではなるべく実用的なアイデアをまとめていきます。



終止のバリエーション
全終止 (Perfect Resolution)

曲の最後や、コード展開をいったん落ち着かせたいときなどに使用されます。
Authentic standard、ドミナント・レゾリューション、日本ではドミナント・モーションとも呼ばれます。

例) V7(V)→I,Imaj7
✳︎トライトーンを含んだV7からの方が終止感が強い。

第31回で登場したT→SD→D→Tの最後のD→Tの箇所がそうでしたね。

CFG7C

強進行の際に出てきた、こちらのコード進行の最後も全終止です。

Em7→Am7→Dm7→”G7→C”

全終止の中でも、合わせて覚えておきたい2つの考え方があります。
メロディとコードの兼ね合いで流れを作る際に、意識してみるとよいでしょう。

  • 完全終止 トップノート(またはメロディ)がトニック(主音)
  •  完全に終わったという印象が非常に強い

  • 不完全終止 トップノート(またはメロディ)がトニック(主音)ではない
  •  完全終止より終わった感じが弱くなる

両者を続けて聴いていただければ、違いがよくわかると思います。

Perfect_Resolution

半終止 (Imperfect Resolution)

終わった感じがせず、次の展開への期待が高まる終止です。

例) V7(V)で終わる(止める)

ポップミュージックではイントロ終わりやサビ前などに多く使われます。
溜めの演出をするとより一層次への期待が高まりますね。

Imperfect_Resolution





変終止 (Plagal Resolution)

別名アーメン終止とも呼ばれ、終止感は弱めで、柔らかく着地する印象です。

例)SD→Tで終わる

ケーデンスの項目で取り上げた、T→D→”SD→T”のサンプルがそうでしたね。

Plagal_Resolution

古典的な楽曲では、完全終始の後にさらに変終止を付け足されたものも多く存在します。

偽終止 (Deceptive Resolution)

形は全終止のまま、Tの代理へ解決します。

例) I-IV-V-VIm

VからIへの期待をあえて裏切り、意外性を持たせる終止です。
Tではなく、その代理コードを使うため、次の展開へスムーズに繋ぐこともできます。

ここでは、T→SD→D→Tの最後の”T”に
Tの代理としてよく使用されるVIm/VIm7を使用してみましょう。

Deceptive_Resolution

まだ続きそうな雰囲気がありますね。
そのまま続けて、最後は全終止で締めてみましょう。

Deceptive_Resolution2

偽終止からII-V-Iと繋げて、ストーリー性のあるコード進行ができましたね。


以上が一般的な終止の種類となります。
ここまで来れば、メジャー・ダイアトニックコードを使って作曲ができるようになるまで、もう少しです。
ぜひ楽曲解析も進めながら、感覚を掴んでいって下さい。



記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む