階名とメジャースケール/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

音程の間隔と関係性に注目する

Piano

今回は、メロディーの制作、コードやキーなどに必要な知識、
メジャースケール+αを学んでいきましょう。

まずは、こちらをお聴きください。

「C D E F G A B C」じゃないの?いや、そうは聞こえなかった!
そうは聞こえなかった人は、絶対音感の持ち主かもしれません。

D

D

実は「D E F# G A B C# D」だったんです。

しかし、ドレミファソラシド〜♪と歌うことができます。
いえ、歌っていいのです。

一度上記を忘れていただいて、
ドレミファソラシドという言葉を聞いて、多くの方がイメージする配列は下記です。

ドレミファ

小さな頃習ったドレミファソラシド。
実は、Cメジャースケールという名前があります。

コードの名前で、「メジャーコード」「マイナーコード」など、
名前を聞いたことある方もいらっしゃると思います。

  • メジャー=明るい マイナー=暗い

というイメージを、持っておきましょう。

少し先の内容になりますが、下記4つの響きを確認してみましょう。

  • Cメジャースケール上下
  • Cマイナースケール上下
  • Cメジャーコード
  • Cマイナーコード



いかがでしたでしょうか。
スケール、コード関わらず、

Maj
メジャーは明るく聞こえ、

Min
マイナーは暗く聞こえたはずです。

では、Cメジャースケールのスケールとはなんでしょうか。

  • スケール=音を高低の順番に並べたものです。

シンプルに、音を順番に並べたものと覚えてしまいましょう。
日本語では、音階とも言います。

C-Maj

Cメジャースケール、ということは、Cから始まる明るい音階ですね。
ここで、各音の間隔に注目してみましょう。

音程の間隔

「全音 全音 半音 全音 全音 全音 半音」という規則で並んでいます。

では、冒頭でお聞きいただいた、
「D E F# G A B C# D」の間隔を見てみましょう。

D maj

「全音 全音 半音 全音 全音 全音 半音」という規則で並んでいます。
Cメジャースケールの間隔と全く変わりません。

D-1

もちろん、ピアノロール上も同様の間隔です。

間隔が変わらないということが、とても大切です。
この間隔を維持することで、各音からのメジャースケールを作成することができます。

C to  D

Cメジャースケールを打ち込み、全選択した後、
そのまま、主音のCをDへ移動してみましょう。

各ノートの間隔を保ったまま平行移動できます。
それぞれの間隔は変わらないため、「Dメジャースケール」になります。

この要領で、全鍵盤から始まる12のメジャースケールを作成可能です。

各音からのメジャースケールが、今までよりも容易に把握可能になります。
練習として、全音程からのメジャースケールをご確認、練習してみてください。

階名_移動ドについて

冒頭で、下記のような表現をしました。
「ドレミファソラシド〜♪と歌うことができます。いえ、歌っていいのです。」

MIC

カラオケで、キーを変更しても楽曲自体は変わりません。
名曲は名曲のままです。

これは、各音程の間隔はそのまま維持して上下させているためです。

ここで、階名についてご説明致します。

  • 階名=スケールの主音を”ド”とする呼び方です。移動ドとも呼ばれます。

D maj

「Dメジャースケール」の構成音は、「D E F# G A B C# D」です。
この「D(主音)」を「ド」として考えます。

音の間隔は「ドレミファソラシド」と同じです。
よって「D E F# G A B C# D」 を「ドレミファソラシド」と考えることができます。

このように「♯/♭」が沢山ついて、複雑になるキーでも、
簡潔な「ドレミファソラシド」で考えることができます。

音の間隔を把握しやすくするのが「階名」です。



記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む