レラティブとパラレル/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

メジャーとマイナーの関係性を探る

今回は「レラティブとパラレル」という言葉を使い、
メジャーキーとマイナーキーの関係性を確認していきます。

ここまでの解説を把握されていれば、とても簡単に理解できるはずです。

また、講座を進めていくにあたって、この部分の把握は非常に重要となります。
必ずご習得をお願いします。

それでは解説へ入っていきます。

まずは、前回出てきた五度圏(サークル・オブ・フィフス)を見てみましょう。
小文字の「m」が付いていた、マイナーがありました。

五度圏

前回の解説で「✴︎内側のm(マイナー)は気にしないでください」と書きました。
ですが、今ならわかります。

Cメジャーキーと、Aマイナーキーに注目してみましょう。

五度圏2

どちらも、#も♭もなく白鍵のみです。
譜面と、ピアノロールでも確認してみましょう。



Cメジャー

c-maj

Aマイナー

c-min

ピアノロールでも確認してみましょう。

C-A

メジャースケールの6番目の音から弾き始めると、Aマイナースケールになりますね。
最大のポイントは、始まる音が違うだけで、中身は同じ構成音で作られているという点です。

この、同じ調号によって示されるキー、
すなわち基本的に出てくる音たちが同じキーの関係を

レラティブキー(平行調)と呼びます。

※Relativeのカタカナ表記は「レラティブ」「リレイティブ」などがあります。
これは全て同じ意味となります。

上記の結果から、Cメジャーに対する、レラティブキーはAマイナーということですね。
Cメジャーのレラティブマイナーは、Aマイナーとも言います。





これを踏まえて、前回に解説を行った「Cマイナースケール」に注目してみましょう。

Cmスケール-1

Cmスケール-2

bが3つ(B,E,A)付いているメジャーキーはどこでしょうか。
Cmの所に注目してみましょう。

五度圏3

Ebメジャーですね。

E♭メジャースケール

Cマイナースケールと同じく、B,E,Aに♭が付いていますね。

Ebメジャーに対する、レラティブキー、レラティブマイナーはCマイナーということですね。
ピアノロール上で打ち込んでみましょう。

CマイナーとE♭メジャー

マイナースケールのb3からそのまま上に行くとレラティブキーのメジャーになります。

そして、もう一つのパラレル(同主調)についても確認してみましょう。
これは後々のテクニックで重要になってきます。

シンプルに説明しますと、同じ音から始まる、同じ主音を持つということです。

  • Cメジャーのパラレルキー、パラレルマイナーは、Cマイナー
  • Aメジャーのパラレルマイナーは、Aマイナー

となります。

パラレルマイナー

前回の復習となりますが、
メジャースケールの3,6,7を半音下げると、マイナースケールができます。

よってパラレルマイナーが作成されたということになりますね。
この関係も、同時に覚えてしまいましょう。



記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む