ツーファイブ(II-V)と強進行/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

アボイド・ノートと共に学んでおきたい「ツー・ファイブ」

今回は、Avoid note =アボイド・ノート(回避音)の残りを学ぶ前に、
頻繁に使用される有名なコード進行「ツー・ファイブ(II-V)」 を学んでおきましょう。

コード進行のバリエーションを増やすという意味でも一歩進んだ内容となりますが、
IIm(IIm7)のアボイド・ノートを理解するにあたり、避けて通れない事項となります。

Avoid_Note



IV (IVmaj7) の代理コードとなりうるIIm (IIm7)

これまで、メジャーダイアトニックコードの主要三和音のみで形成された
ケーデンスをご紹介してきましたが、もちろん楽曲で使用されるのは、
その3つのコードだけではありません。

第28回で、「他のコードでもこれらのファンクションに近い機能を持てる」とお伝えしましたが、
主要三和音はその他のコードで置き換えが可能ということです。

そのように置き換え可能なコードのことを「代理コード」と呼びます。

代理コード全般については、今後実践的な使用方法とともにご紹介していきますが、
今回はサブドミナント(SD)である「IV (IVmaj7)」の代理コードとして
「IIm(IIm7)」を使用するというケースを取り上げます。

第31回で登場した、T→SD→D→Tをサンプルとしましょう。

CFG7C

安定から次の展開があり、そして緊張感があり、 戻って安心感を得るという、
代表的なケーデンスでしたね。

ではここで、SDであるFを、Dm7にして聴いてみましょう。

CDm7G7C

全体の雰囲気としては、さほど変わっていないように思えます。
ただ、コードは変わっているので、Fの時とはまた一味違った感じが出ていますね。
そこがやはり「代理」と呼ばれる所以でもあります。
ぜひ、他のケーデンスでも試してみてください。

この代理コードを使った流れを、ローマ数字表記で表すとこうなります。

two-five

この図を見てもう気づかれた方もいらっしゃると思いますが、
黄色で繋がっている部分が、メジャーキーのツー・ファイブ(II-V)と呼ばれる進行になります。





ツー・ファイブの重要性を裏付ける「強進行」

ではなぜこの流れが、特別に「ツー・ファイブ」という呼ばれ方をするのでしょうか?

更に別のサンプルを聴き比べてみましょう。

  • IVmaj7→V7→I
    Key=Cメジャー Fmaj7→G7→C
  • IIm7→V7→I
    Key=Cメジャー Dm7→G7→C

どちらも、クライマックスに向かっていくような印象を受けますが
ルート音(根音)に意識を集中して聞いてみると、
後者の方が、コード進行が力強いと感じられた方もいらっしゃると思います。

ここで、ルート音の動きに注目してみましょう。

SCP

これらのルートのインターバルは、どこかで見覚えのある並びですね。
そうです、第6回の五度圏の際に出てきた、左回りの流れです。

P5th-3

この左回りのインターバルは、P4th上(半音5つ分上)またはP5th下(半音7つ分下)ということでした。

P5th-4

このように、コードのルート音がP4th上(半音5つ分上)またはP5th下(半音7つ分下)に進行する事
「強進行」と言います。

古典的なコード進行で、色々なコード進行の中でも自然に進行しやすく
また名前の通り、強い結びつきやストーリー性を得やすい
という特徴があります。

以下の例は、全て強進行で構成したものです。

  • Em7→Am7→Dm7→G7→C

非常にわかりやすく進行している感じがしますね。

こうして考えると実は、G7からCの流れも強進行なのです。
そのため、上に示したDm7→G7→C(IIm7→V7→I)の流れは、
「II-V-I(ツー・ファイヴ・ワン)」とも呼ばれます。

このように、サブドミナントの代理コード”IIm(IIm7)”を用いて強進行を導入するツー・ファイブは、
様々な楽曲の中で頻繁に使用されています。
もちろん、IV→Vの流れも良く使用されますので、楽曲を解析する中で、
雰囲気の違いも感じ取っていきましょう。

次回は今回の内容を踏まえ、アボイド・ノートの続きを解説していきますので、
しっかり押さえておいて下さい。



記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む