Waves Kramer Master Tape デジタル臭さを解消!!テープシミュレーター

Author: sleepfreaks

デジタル臭さを解消!!テープシミュレーター Kramer Master Tape

Kramer Tape Stereo

ミックスを行っていて、どうしてもデジタル臭くなってしまう。。
ということはありませんか?

そのような悩みが「Kramer Master Tape」で解消されるかもしれません。

「Kramer Master Tape」はアナログのテープをシミュレートするプラグインです。

トラックに対して、
「温かさ」と「太さ」を与えることができ、デジタル特有の硬い質感を緩和させることができます。

楽曲にもう一味深みを加えたい。という際なども重宝します。

Beatles

ここでは「The Beatles_Penny Lane」を題材にし、
「Kramer Master Tape」を適用していきたいと思います。

Kramer Master Tapeの解説

Beatles風 ピアノサウンドの解説


Kramer Master Tape詳細解説

Speed Bias

  • SPEED : テープの回転速度を決定します。
    早い方(右)が高音域が豊かに、遅い方は低音域が豊かに再生されます
  • BIAS : ノイズなどを抑えるために高い周波数を混ぜます。
    これも多い方(右)が高音域が豊かに、少ない方は低音域が豊かに再生されます

Delay

とても味のあるDelayを使用できます。
個人的な意見となってしまいますが、このDelayが今まで触ってきたDelayの中で一番好みです。
非常にお勧めです!

  • DELAY TIME : やまびこのスピードをミリセカンドで調整する事ができます
  • FEED BACK : やまびこの繰り返し回数を指定します。高くしすぎると永遠と鳴り続けます

REC LEVEL

このプラグインの肝となる部分です。
サウンドをわずかに歪ませることで、温かく太いサウンドメイキングを行います。

  • RECORD LEVEL : 上げていく事でボリュームによる歪みが発生します。
    自動で「PLAYBACK LEVEL」が下がり過度な音量変化を防いでいますが、
    中央の鎖マークをクリックすることで個別に設定を行う事も可能です。
  • FLUX : 上げれば上げるほど、テープヘッドが磁気飽和を起こしサウンドが歪みます。
    上記とはキャラクターが異なる歪みですので、カッコいい部分を組み合わせていきます

勿論、あえて過激に歪ませるサウンドメイキングもありです。
色々と実験してみてください!