MASCHINE JAM 使い方 動作環境のセットアップ

Author: sleepfreaks

MASCHINE JAMについて

maschine-jam

Native Instruments社からリリースされた「MASCHINE JAM」
単なるコントローラーの域を超えた、新たなデジタル・インストゥルメントとも言うべき製品です。

今までのMASCHINEシリーズとは異なるコンセプトで作成されており、

  • 64個のPAD
  • 直感的なスマートストリップス
  • リアルタイムでのマスターコントロール

など新しい操作性が魅力となっています。

今までのMASCHINEと組み合わせて使用するという活用方法もあり、より楽しく効率的な音楽制作や、ライブパフォーマンスを行うことができます。

このシリーズでは、「MASCHINE JAM」の概要と使用法、そしてその魅力を余すところなくお伝えしていきたいと思います。

MASCHINE JAMを使用するための環境を整える

まずはMASCHINE JAMを使用環境を整えていきましょう。
製品を購入した後は「Native Access」を使用してユーザー登録を行います。

Native Accessの概要はこちらの動画で解説していますので、MASCHINE JAMに付属したシリアルナンバーを入力しユーザー登録を行ってください。

NATIVE ACCESS 解説動画

maschine-2

製品を登録した後、Native Access内に最新のMASCHINEが表示されますので、インストールします。
(2016年10月10日現在の最新Verは「2.5」です)

ここまで出来たら、後はパソコンとMASCHINE JAMをUSBケーブルで接続し、上記でインストールした「MASCHINE 2」を起動するだけです。

USB

本製品は「USBバスパワー」に対応しています。
そのため、ACアダプターは不要でUSBケーブルのみで使用することが可能となっています。

MASCHINE JAMとソフトが連動し、本体が光れば準備完了です。



製品のご購入