ミュートとソロを使用する Maschineの使い方

Author: sleepfreaks

グループやサウンド単位で柔軟にミュート/ソロが可能

SOLO

Maschineには非常に柔軟な「ミュート/ソロ機能」が備わっており、
楽曲制作時はもちろん、ステージパフォーマンスの際にも活躍します。

ここではミュート/ソロの概要と適用方法を解説していきます。

ミュート/ソロの概要と適用

  • ミュート

グループやサウンドの出力を停止し、消音します。
再生から除外したい場合に使用します。

  • ソロ

グループやサウンドを単独再生します。
他のトラックがミュート扱いとなります。

Solo

「SOLO」もしくは「MUTE」ボタンを押しっぱなしにし、希望のグループ、サウンドを押します。
ミュートの場合はボタンが消灯、ソロの場合はその他のボタンが消灯します。

再度ボタンを押すことで、機能が解除されます。

SOLO_MUTEの固定

操作の際に、「SOLO」「MUTE」ボタンを押しっぱなしているのは面倒という場合、
赤囲み部分の「F1」を押します。

「SOLO」「MUTE」画面が固定され、
ボタンを押しっぱなしにする必要が無くなります。

<<Maschineの使い方 ハードウェア編へ戻る>>