Master/Group/Soundのボリュームを簡単に調整 Maschineの使い方

Author: sleepfreaks

痒い所に手が届く非常に便利なボリューム調整機能

Sound

Maschineはフレーズの考案、音色の選出、レコーディングなど、様々な作業を行うことができます。

その中で最適な判断を下したり、正確な作業をに行うには、
各楽器を最適なボリュームに調整しておくことが大切です。

Maschineにはこれらのボリューム調整を簡単に行える機能が備わっており、
素早く目的に合わせた音量コントロールを行うことができます。

ボリュームの調整方法

Volume

赤囲みのボタンから、コントロールしたいボリュームタイプを選択します。

  • MST : Maschineから出力される全サウンドのボリュームを調整します。
  • GRP : 選択しているグループのボリュームを調整します。
  • SND : キックやスネアなどパッドに割り当てられたサウンドボリュームを調整します。
  • CUE : メトロノームの音量を調整します。

タイプを選択後、下のダイヤルでボリュームを調整します。

左の「IN1〜4」は楽器やマイクを接続してレコーディングする際の入力音量を調整します。
上記と同様に入力チャンネルボタンを押した後、下のダイヤルを回します。

製品のご購入