グルーブ機能を使用してノリを出す Maschineの使い方

Author: sleepfreaks

ハウス系のノリを作るための必須テクニック

sound-swing

「打ち込んだリズムのノリをもっとカッコ良くしたい」
そのような場合に役立つのが「グルーブ機能」です。

Maschine上の各キット/グループ/マスターに対して、スウィング効果を与えることができ、
ハウス系のノリを作るための必須テクニックとなります。

三連符(Triplet)/ スウィング(Swing)の説明

この機能を取り入れると、自然でノリの良いビートを簡単に作成することができます。

スウィングの適用方法

適用チャンネル

「CHANNEL」ボタンを押しパラメーターへアクセスします。
まずはグルーブクオンタイズの適用範囲を指定していきましょう。

  • MASTER : Maschineから出力される全サウンドに適用されます。
    ノリをまとめて適用し、楽曲に統一性を持たせる場合に便利です。
  • GROUP : 各楽器ごと(ドラム/ベース/シンセなど)に適用することができます。
  • SOUND : 各パット(ドラムのキック、スネア、ハットなど)に対して適用することができます。
    ノリを個別に調整する際に使用します。

ここではマスターに対して適用していきます。

グルーブ

「MASTER」を選択し「Groove」を押します。

Swing

3つのパラメーターを調整して、ノリを作ります。

  • Amount : スウィングの適用具合です。
    ツマミを右に回すほど、スウィングが強くなっていきます。
    ツマミの位置が中央で完全なスウィングとなり、それを超えると、次の音符へ向かって移動します。
    通常は中央以下の値で使用します。
  • Cycle : 8分のスイング/16分のスウィングを指定することができます。
    通常のDAWと異なり「1/4」で8分のスウィングとなり、「1/8」で16分のスウィングとなります。
  • Invert : スウィングは音符の裏を後ろに移動する機能ですが、
    このツマミをオンにすると裏のノートが前に移動します。少し突っ込んだ演奏を再現する際にも重宝します。

Invert

例えばグルーブクオンタイズをサウンド単位でハットの8分裏に適用しています。
この時「1/4」でInvertをオンにすると、8分裏が前に移動することになり、ビートに勢いを与えることができます。

<<Maschineの使い方 ハードウェア編へ戻る>>