MASCHINE 2 7_オートメーション & MIDIコントローラーとしての使用

Author: sleepfreaks

MASCHINE 2 ツマミやエフェクトの動きを記録する

Maschine 2

オートメーションを使用すると、
楽曲の中で様々なパラメーターを自動で動かすことができます。

MASCHINE 2のオートメーションはハードにも完全連動しており、
直感的かつ、素早く値を記録することが可能です。

それでは解説を進めていきます。

MASCHINE 2 解説動画へアクセス


  1. 1プリセット音色の追加
  2. 2File Type セレクター
  3. 3レコーディングとパターン編集
  4. 4ステップ入力 & トラックの調整
  5. 5オーディオ/MIDIの書き出し
  6. 6エフェクト & ミキサーウィンドウ
  7. 7オートメーション & MIDIコントローラーとしての使用 *当記事となります
  8. 8DAWとの完全連携
  9. 9追加プリセット読み込み
  10. 9Maschine 2.4.6 新機能解説
製品のご購入

オートメーションの記録方法

オートメーションの記録

Maschineを再生させながら、目的のツマミの端を動かすだけです。
これにより、その動きが記録され、下ウィンドウへ表示されます。

Maschine本機からは「AUTOボタン」+ ツマミを回す という動作で同様のことが行えます。

オートメーションを削除

また、オートメーションを削除する場合は、ツマミの端部分を右クリックします。

MASCHINEをMIDIコントローラーとして使用する

Maschine本体をMIDI機器として使用可能です。
PADで他のソフトシンセを演奏する、DAWのツマミをコントロールするということが可能になります。

Maschine本体の「SHIFT」+「CHANNEL」を同時に押します。
表示が切り替わり、MIDIモードとして動作するようになります。

Controller Editor

「Controller Editor」を起動します。

  • Mac : アプリケーションフォルダ → Nativeinstruments → Controller Editor
  • Windows : Cディスク → ProgramFile → Nativeinstruments → Controller Editor

に存在します。

Controller Editor

現在、割り当てられている音程や全CCを確認することが可能です。
赤囲み部分をクリックし、割り当てを変更したり、ご自身で文字や数字を打ち変えることも可能です。

製品のご購入